人気ブログランキング |

2018年 06月 05日 ( 1 )

 

和歌山市立子ども科学館に行ってきた(プラレアリウム6館目)

和歌山市立子ども科学館に行ってきた。プラレアリウム6館目だ。
a0095470_23515258.jpg
実はリストにある岐阜の科学館とか川崎の科学館とか前に行ったことはあるのだが、プラレアリウム期間中ではなかった。だから6館目。

今回驚いたことが二つある。一つは、ここに展示してある金子式投影機の大きさ。勝手に卓上型と思い込んでいたが、大人の身長と同じとまでは行かないが、大きかった。しかも手作り感満載。プラネタリウム好きは是非見るべきだ。これを見るためだけに和歌山に行くのもありだと思う。

金子式は1960年代の沖縄にあったペルー館にもあったので、それを知っている人に大きさを確認しなければ。私は当時は幼児だったので実物は見たことがない。

もう一つは、ミノルタのプラネタリウムMS-10が、全天デジタル投影に移る時、台座の中に下がっていくこと。
a0095470_23522158.jpg
投影中に何か機械の轟音がして、星を投影したままの投影機がずんずん下がって行ったのには驚いた。確かにその前に解説員の方が「下がります」とは言っていたけど。

今回は本当に行ってよかったと思った。関空から直行だと、それほど時間はかからないことも分かったし。


by anettait | 2018-06-05 00:21 | プラレアリウム | Comments(0)