人気ブログランキング |

2014年 01月 15日 ( 1 )

 

Heritage P130 を買ってみたのだが・・・

年末に掃除もそこそこでネットを見ていたら、年末の超特価というかアイソン彗星ショックというか、気になっていた望遠鏡が安くなっていたので、ついポチッとやってしまった。

大晦日にやってきたのは Sky-Wacther の HeritageP130。伸縮式の小型ドブソニアンだ。通常価格19,800円のところ超特価の12,800円。ここまで割引されると、望遠鏡研究家としては買うしかなかった。
まずは外観。収納時は縮める。この格好で段ボール箱に入ってきた。
a0095470_23292887.jpg

使用する時はこんな感じで伸ばす。
a0095470_23294621.jpg

アリ型はビクセン規格なのでGP赤道義にもポルタ経緯台にも載せられるはずだ。
a0095470_23301135.jpg

高度軸にある調整ノブは、上下動の硬さを調整する。ベアリングもついて、なかなかの作りだ。
a0095470_23303166.jpg

さて正月は天気は良かったものの60cm自作ドブソニアンをいじっていて開封せず。5日か6日か忘れたが、晴れたので開封して、星を見てみた。

予想に反して、見え方が悪い。ピントがきちんと合わない。星を見る前に光軸は合わせたはずだが、高倍率で木星がぼやける。高倍率といっても付属の10mmアイピースだから65倍だ。

変だと思ってレーザーコリメーターを付けてみると、レーザーが斜鏡の中心に合ってない。どこか歪んでいるようだ。
a0095470_23315458.jpg

調べてみたら、斜鏡が鏡筒の中心からずれている。一本足の斜鏡金具なので、何かの拍子にずれたみたいだ。
a0095470_23321476.jpg

と思って外してみたら、けっこう激しく曲がっていた。製造途中というより、完成してから何か強い力がかかって曲がったと思われる。
a0095470_2332358.jpg

返品するという手もなくはないが、面倒なので自分でペンチで直した。

曲がりを直して再度光軸調整。今度はうちにあった4mmアイピースでも木星がまあまあ見えた。しかしまだ変だ。よく見ると、接眼部がカタカタする。

ここは大きなネジになっていて、回転させてピントを合わせるのだが、ネジが荒すぎてアイピースの重さで接眼部が少し斜めになって、高倍率で見え方が悪化するようだ。
a0095470_2333426.jpg

おそらく付属アイピースの30倍と65倍でよく見えればいいという考えだと思う。確かに65倍では気にならない程度のずれだ。

今回はたまたま不良品に当たっただけだと思う。この値段の望遠鏡を詳しくチェックして出荷しているとは思えないし、ここまでひどければ返品していいレベルだ。自分で直すのは自己責任で。今回のようなことをやると、保証は効かないし返品できないと思う。

結局、安い望遠鏡に多くを期待してはいけないという、いつもどおりの結論になった。しかし見え方は悪くないので、もうちょっといじってみたい。トラベルドブソニアンの素材としては、架台以外は十分使えそうだ。架台は重すぎる。重いから安定するのだけれど。

そういえばこの望遠鏡は売り切れたのか、買ったお店のHPから消えてしまっている。鏡筒の長さを変えられるので、2台買って反射双眼望遠鏡を作るという手もあったかも。

by anettait | 2014-01-15 23:45 | 天体望遠鏡 | Comments(7)