人気ブログランキング |

2014年 01月 07日 ( 2 )

 

ORION optics UK の商品ページから600mm主鏡が消えた!

英国の光学メーカーORIONopticsUKのwebサイトから、600mm主鏡の表示がいつのまにか消えていた。

主鏡のグレードには4段階あるのだが、そのすべてから600mmF4が消えて、最大が500mmになっている。確か12月の途中までは600mmが載っていたような記憶なのだが。

現在制作中の60cmドブソニアンの主鏡はORION製600mmF4だし、お金が貯まったらスペアで一番安いのをもう1枚と思っていたのだが、英ポンドは上がる一方(いちばん安かった4年前は1ポンド120円、現在1ポンド177円)なので無駄遣いでお金が貯まらないこともあって買えなかった。
a0095470_2223218.jpg

そういえば購入前は55cmか60cmで悩んだが、その55cmも数年前に消えてしまった。事業を縮小しているのだろうか。まさか数年後には会社が消えるなんてことが・・・

しかし主鏡セルは数年間消えていたものの、最近復活している。もしかしたら数年後に600mmも復活するかもしれないので、最近の値段を記録しておこう。

600mmF4の一番安いグレードで4170ポンド。
二番目と三番目は忘れた。
いちばん高いのは5200ポンドくらい。

我ながらうろ覚えだ。再登場の時は1ポンドいくらになっているのか、鏡の値段は上がるのか。やや不安だが楽しみだ。

ところでイギリスの消費税は5年前17パーセントだった。イギリスから日本に輸入する場合はイギリスの消費税はかからず、日本の地方消費税のみかかった。それが3パーセント。だから金額の計算は次の通り。

購入価格=現地の値段×0.83×(1ポンドあたりの日本円)×1.03

私が注文した5年前は値段が4900ポンドくらいで1ポンド135円か138円だった。

購入価格=4900×0.83×135×1.03=56万5516円

購入価格の他に輸送費がかかる。私の場合は400ポンドだったような気がする。5万5千円くらい。

合計で約62万円。国内代理店経由だといちばん安いグレードで当時95万円だったと思う。うちのは三番目。

しかし70万円くらいかかったような気がする。レートが違うのか、鏡の値段が違うのか、記憶が違うか。いちばん怪しいのは記憶だな。次に鏡の値段。2年くらい前に値下げしているような気がしたし。いや、それも記憶か。やはりいちばん怪しいのは記憶ということで。

そういえばイギリスは食料品などの生活必需品は消費税がかからないとの話をどこかで見た。この記憶も怪しいが、やはり望遠鏡は生活必需品と認められないんだろうとは思う。

ここまで書いておいて何だが、特注すれば買えるような気もするし、アメリカ製はもう少し安いのもあるはず。ただし重い。ひとりで運搬できそうだったので私はORION UKにした。

今となってはこれでも重いけど。

by anettait | 2014-01-07 22:17 | 自作望遠鏡 | Comments(0)  

肉眼黒点は肉眼で見てはいけない

心眼で見ろというわけではなく、日食めがねを使いましょう、ということ。
太陽を肉眼で直接見ると、目を傷めてしまう。
日食メガネと双眼鏡や望遠鏡の併用は厳禁だ。目を傷めるどころか最悪失明してしまう。

今週に入って肉眼黒点が見えているらしい。らしいというのは、私は肉眼では確認していないから。
とりあえず撮影してみた。
a0095470_20582892.jpg

太陽望遠鏡で見ると、黒点のまわりがすごい。撮影画像を拡大してみる。
a0095470_2058492.jpg

ついでに三食分解したもののG、B画像を合成したもの。
a0095470_20592795.jpg

かなりすごい。去年の日食に使った太陽メガネが手元にのこっていたら、安全に注意しながら是非見てみてほしい。

by anettait | 2014-01-07 21:03 | 太陽 | Comments(2)