人気ブログランキング |

2013年 06月 11日 ( 1 )

 

低価格デジカメテスト(3) Canon IXY430F

低価格デジカメテストも3機種目だ。低価格とは私の基準では1万円以下。
a0095470_23494882.jpg

今回は期待の現行機種、Canon IXY430Fだ。キャノンのCMOS機だ。CCD機との比較が気になる。
a0095470_23501273.jpg

しかし結論から言おう。このカメラは星を撮るために買ってはいけない。
驚いたことに、星がほとんど写らない。同じキャノンでもっと安い機種がそこそこ写ったので、とても期待していたのだが、衝撃は大きかった。またつまらぬものを買ってしまった・・・。

操作系は基本的に前回の機種と同じだが、ボタンではなくタッチパネルで、スマートフォンに慣れた人なら問題ない。私は慣れてないので、少し時間がかかった。
操作系は暗闇でもモニター上にあるから、夜は操作しやすい。ただしモニターで星は確認できない。

いつものように感度を1600にして、露出を15秒にして固定撮影。
a0095470_23504232.jpg

何も写ってないように見える。この時点で気がついてしまった。
同じキャノンでも星がよく写るPswershotS95の後継機S100とS110が長時間露出したら強制的に感度が100になってしまうという。今回も同じだ。同じキャノンのCMOS機だから、そういう設定なのだろう。

こと座の部分を切り出し、一応レベル補正してみる。背景にもやもやがある。星もろくに写っていない。
a0095470_2351122.jpg

買う前によく考えてみたらこの可能性に気がついたはずだが、あまり考えなかった。
今回のダメージは大きい。新品9900円を買ってしまったのだから・・・。

ついでに太陽も撮影してみた。これはS95と似たような感じで、そこそこ写る。
長時間露出は、せめてISO400固定だったら良かったのに。
a0095470_23513319.jpg

ところで太陽がそこそこ写るからといって、太陽撮影に使いやすいわけではない。
操作性は悪い。まず無限大固定がないのが大きなマイナス。
オートフォーカスなので、時々ピントを外してしまう。

露出も固定できない。オートに露出補正をかけるしかないので、露出が安定しない。
どうせ買うならS95の中古を買った方がいい。

by anettait | 2013-06-11 23:54 | 天体撮影用コンパクトデジカメ | Comments(0)