人気ブログランキング |

2011年 06月 26日 ( 1 )

 

センサークリーニング用ルーペを買う

最近、主力機の5DMkⅡで撮影した画像に、時々黒っぽい線が入るようになった。CMOS上のゴミだろうということはなんとなくわかったので、カメラのセンサークリーニングを意識的に使ったりした。

風景やスナップでは気がつかない事が多いが、星雲だと気がつく。これは20cmで撮影したオメガ星団。
センサークリーニング用ルーペを買う_a0095470_21563469.jpg

ゴミは画面上、文字を入れた部分にある。
センサークリーニング用ルーペを買う_a0095470_21573321.jpg

センサークリーニング機能で取れたと思い込んでいたが、先週撮影した画像にも写り込んでいた。クリーニングモードでミラーアップしたら、何だか細いホコリのようなものが見えた。たぶんそれだ。どうやらセンサーではなく、その前の部分に引っ掛かっているので、センサークリーニング機能では無理なようだ。

原因がわかったところで、進行しつつある老眼では作業は不安だ。そこでセンサークリーニング用ルーペの存在を思い出した。セットは1万円以上したと思うが、ルーペのみを安くで売っていた店のことも思い出した。確かライト付。

買ってきて、使ってみた。センサー上のホコリがよく見える。LEDライトが付いて便利だ。5Dのクリーニングはブロアで吹き飛ばしてすぐに終わった。

そこでCCDにゴミが付いたまま数年放置してあるNikonのD50のことを思い出した。

ルーペで見てみると、見事な大きなゴミが付いていた。ホコリではない。白っぽい固体だ。これはティッシュペーパーでコヨリを作って、それで取り除けた。画像手前が今回買ったルーペ。右上は箱。
センサークリーニング用ルーペを買う_a0095470_21585863.jpg

これでD50も復活だ。ニコンのデジ一眼はこれしか持ってない。オールドニコンレンズも付くし星を撮影してもノイズが割と少ないので、まだまだ使えるカメラだ。ライブビューがないのが残念。

by anettait | 2011-06-26 22:11 | カメラ関係 | Comments(2)