人気ブログランキング |

2010年 04月 02日 ( 1 )

 

初心者用望遠鏡:ミザール90M(ジャンク)

某ショップでミザール90M鏡筒の中古を見つけた。値段は2980円だったので、中古ではなくジャンクというべきか。お店の人によると中国製とのこと。

そのままポルタ経緯台に載りそうだったので、すぐに購入。レンズも鏡筒も汚れていた(ホコリ?)が、口径9cmF10の屈折がこの値段だからとりあえず買っておけ、と本能が言っていた。
初心者用望遠鏡:ミザール90M(ジャンク)_a0095470_22131414.jpg

昨日晴れたので実際に星を見てみた。ポルタ経緯台にはやや重い感じ。筒は短めと思ったが、接眼部の繰り出しが意外に長くて、少しの風でも揺れる。

ピント合わせの時にドロチューブが上下してピントがとても合わせにくい。土星はすっきりしない。180倍で火星を見ると、二重焦点ぽいのがわかる。レンズの圧迫か?

あれこれアイピースを換えて見てみたが、どれでも高倍率は苦しいことがわかった。以前中古で買った10cmF5の黒い中国製鏡筒に見え方が似ている。
ピントの合った惑星像のまわりにピンボケ像がまとわりついている感じ。Fが長いだけ、こちらの方が少しはまともに見える印象。

これは明らかなハズレ鏡筒だ。これがジャンクの理由だろう。F10の屈折は作りやすいはずで、以前持っていた10cmF10はよく見えたしF5でも普通に見えることを考えると、これは単なる不良品だったかも。
初心者用望遠鏡:ミザール90M(ジャンク)_a0095470_22133662.jpg

とはいうものの、低倍率は十分使える。試しにE-P1を手持ちで接眼部に当てて月を撮影してみた。ぶれやピンボケが出てしまったので、アンシャープをかけてごまかした。

もしかしたらレンズの圧迫かもしれないと思い、レンズを外そうとしたがどうやっても外れない。現状では解決方法が見つからないが、そのうち何とかしてまともに見えるようにしたい。

追記:プラスチックのレンズ抑えはセルに接着されていた。後日どうにか外せたので、対物レンズの組み合わせが悪いのかと思い前玉を裏返して組んだり、スペーサーを外して組んでみたりした。
しかし最初の像よりも悪化するばかり。このレンズは元々こんなものかもしれない。新品のミザール90Mの見え方が知りたくなったが、買うわけにもいかないし。

by anettait | 2010-04-02 22:32 | 初心者用望遠鏡 | Comments(0)