人気ブログランキング |

2008年 08月 27日 ( 1 )

 

カメラ買ったら新製品が出た。

 今日「デジタルカメラJP」を見たら、キャノン50DとニコンD90が新発売と出ていた。「○○○を買ったら新製品が出た」というのはありがちなことだが、今回はまぁ、クラスも違うことだし、値段もだいぶ違うんだけど、正直待てばよかったかも。

 先に発表されたキャノン50Dは超高感度撮影が可能という、まさに天体撮影にうってつけのカメラかも。実際に撮影された画像を見なくてはなんとも言えないけれど、けっこう良さそう。約15万円とのこと。キャノンは現行機種の40Dが出てちょうど1年で新製品ということになる。早すぎる気がするが、それだけ技術の進歩が速いということか。いやキャノン早すぎるぞ。

 ニコンのD90は、なんと一眼レフで初めて動画撮影が可能という、まさに画期的なカメラ。一眼レフは機構的に動画撮影は無理だと考えられていたのについに出た。こちらは12万円くらいらしい。発売は9月19日らしい。

 ライブビューが出た時に、デジイチで動画はいつかは出るかもとちょっと思った。しかしこんなに早く出るとは。しかもハイビジョン動画。実際は半分ハイビジョン(720)という規格だが、それでも惑星動画撮影と星野撮影が1台のカメラでできるというのは、実に画期的。しかも広角レンズで星の微速度撮影ができるかもしれないし、天体写真の可能性は大きく広がる(かもしれない)。もちろん動画時のノイズの多さとか、見てみなくてはわからない部分も多いけど。

 まぁ、そんなわけでD90は考えれば考えるほど欲しくなるカメラだが、イメージセンサー(CMOS)が大きければ大きいほど惑星の拡大撮影は難しいし、乗り越えるハードルは多いかもしれない。でも使ってみたい。

 今回買ったカメラ(kissX2)は値段を考えると十分お買い得だし、新製品2機種に比べても星空の写りは値段の差ほどの差はないはずだ。しかしこの様子だとkissの新製品が来年すぐに出るかもしれない。その時にがっくりこないように、十分使っておきたい。

by anettait | 2008-08-27 23:02 | カメラ関係 | Comments(0)