人気ブログランキング |

森の家みんみんで観望会

 昨日みんみんで観望会があった。夕方の天気は悪かったが(準備中に小雨も落ちてきたり)とりあえず決行。始まる頃には月もよく見えたし、途中で降らなかったのはラッキーだった。
 親子での参加者はいつものことだが、今回は珍しく高齢の方も多かった。しかもかなり関心が高くて、ふたり同時に質問してくることが何度もあった。もちろん内容は別々なので、ちょっと困った。

 望遠鏡は雨にぬれても平気なニンジャ320を持っていったのだが、雨にぬれると困るポンセットマウントは出せなかった。おかげて観望は木星を追いかけるので大忙し。

 この日は大赤斑が正面左に見えていたが、見えたらしい人はふたりくらいだった。自動追尾はもちろん、模様のコントラストを上げるか、ピントを自動または電動にして個人ごとに合わせ直さないと、惑星面を一般の人に見せるのは難しいと思った。しかも時間がかかるので、今回のような30名程度になると無理かも。目の慣れの問題もあるし。

 観望会中に木星の衛星同士の掩蔽(えんぺい)があったので、それも見せた。木星と月がよく見えたので、話の中心はガリレオにした。これで金星が見えていたら完璧だったんだが。
a0095470_1481766.jpg

 画像は撤収時のニンジャ320。カートに乗せて1回で運べる。ニンジャは軽くて助かる。まさに中高年マニア向けの望遠鏡だ。これを使うとNGT-18は重過ぎるというより、つらい。

by anettait | 2009-09-26 14:16 | 観望会 | Comments(0)  

<< 雨は降るけど月は見える 月とアンタレス >>