人気ブログランキング |

勝手に観望会2

 もうすぐ梅雨入りらしい。今年も去年と同様、梅雨入りが遅い。遅すぎるくらいだが、その分星はよく見える。見えるうちに観望会をしておこう、ということで近くの公園に20cm反射を持って出かけた。運んだのは車だけど。

 土星のインパクトを一般人に有効に伝えるためには、口径は20cm程度は欲しい。できれば25cmといいたいところだが、25cmニュートン用の鏡筒バンドがない。シュミカセをドームから下ろす体力は今日はない。ということで、ケンコーの中古SE200N。大きいので目立つ。いかにも望遠鏡といった感じがいい。赤道儀はビクセンGPD。バランスウェイトは最近入手した中古の5kgもの。アイピースはビクセンLV5mmに2倍バーロー。

 準備を始めた時には午後8時半を過ぎていた。遅い。遅すぎるが、今日はくたびれていて、家を出るのに時間がかかってしまった。10分で望遠鏡のセット完了。今回は看板も準備してある。しかし最初は誰も寄ってこない。ウォーキングでぐるぐる回っている人はたくさんいるのに!やはりおじさんひとりに大きな望遠鏡というのが怪しすぎるのかも。
a0095470_072237.jpg

 しかし看板の効果か、ひとりふたりと望遠鏡をのぞく人が出ると、いつのまにか行列ができていた。1時間20分程度で約50名が土星を見た。みんなシャープに見える土星にびっくりしていた。倍率は400倍。透明度が良かったので、街灯の近くで空が明るくても、土星がはっきり明るく見えたようだ。土星を初めて見る人がほとんどなので、やってよかった。
a0095470_0876.jpg

 駐車場が午後10時に閉まるので、人が途切れたのを見計らって急いで撤収。2分で片付け、午後10時ぴったりに駐車場の外へ。ぎりぎりセーフだった。

 今回の観望会も世界天文年の「星を見よう1000万人」に報告しておこう。まだ120万人ちょっとのようだ。できればまた近いうちにどこかでやらなくては。

by anettait | 2009-05-16 00:15 | 観望会 | Comments(0)  

<< 勝手に観望会3 新ドブソニアンが出た。 >>