BORG76アクロマート鏡筒

 BORGはおもちゃで有名なTOMYから出ている天体望遠鏡だ。TOMYはハレー彗星の頃、名機(と私は思っている)ファミスコ60Sを出して話題になった。

 ファミスコ60Sについては「さすがTOMY、おもちゃっぽい」などという悪口もあったが、軽くてそれなりによく見えるので、旅行などに重宝した。私のものは落下させてしまい鏡筒がばらけたが、まだ持っている。
a0095470_22403925.jpg

 ファミスコを出した後TOMYはしばし沈黙し、ある日突然BORGシリーズを出した。プラスチック鏡筒が斬新で、楽しい望遠鏡だ。かなり細かくシステム化されていて、パーツが驚くほど多い。自作に使えるものも多いが、何が何だかわからないほど種類がある。もちろん写真撮影に向いた金属鏡筒もある。私は両方買った。レンズは76ED、100アクロマート、100EDを持っていたが76EDはあまり使わずに売却。76アクロマートが去年格安中古で出たので購入した。

 今回満月を撮影した。今日使った鏡筒プレートがビクセン純正でないため、ピント合わせの時に動いてピントがいまいちだ。また、この画像は中心部をトリミングしてある。焦点距離は500mmなので、直焦点で月を画面いっぱいに写すことは無理だ。
a0095470_22463048.jpg

 画像がねむいので、コントラストとシャープネスを少しいじってある。眼視ではよく見える。EDの方がよく見えたような気がするが、並べて比べたわけではないのでよくわからない。色収差は問題ないと思うが、私は色収差については寛大なので、気ににする人の評価はわからない。

 気軽に使えるいい望遠鏡だ。金属鏡筒が重いが、写真撮影ならこれを使うしかない。眼視だけならプラスチック鏡筒で十分だ。ポルタ経緯台とも相性がいい。このセットだと、15mmアイピースを使って携帯電話のカメラで簡単に月が撮れた。そういう遊びにも使える。

 ところで現在はレンズがモデルチェンジをして、7cmクラスは口径77mmになっているようだ。性能はもっとよくなっているのだろうか。
[PR]

by anettait | 2008-10-14 22:51 | 天体望遠鏡 | Comments(0)  

<< カメラレンズ(4) キャノンE... カメラレンズ(3) タムロンS... >>