カメラアクセサリー(1) NikonーEOSアダプター

 ニコンのレンズがキャノンイオスのカメラボディに付くという、とても素晴らしいアダプターだ。イオスの短いフランジバックがこれを可能にしている。逆のニコンボディにイオスレンズはそのままでは無限大のピントが出ないので、補正レンズが入っているようだ。(追記)そんなアダプターは存在しないようだ。これは確か10年ほど前、銀塩(フイルム)カメラの時代に入手した。1万円以上したような気がする。

 キスデジなどのデジタル一眼でも使えるが、注意する点がいくつかある。まず、当然だがオートフォーカスは使えない。フォーカスエイドだってダメだ。しかも絞り優先などの自動露出も使えない追記)絞り優先は使えるとアダプターメーカーのホームページにある。私の持っているニコンボディはレンズが付きさえすればフォーカスエイドも絞り優先も使えるのに、キャノンはなんてケチなんだ、とこのアダプターを買った時に思った。(追記)よく考えたらカメラメーカーの想定外の使い方なので、メーカーにそこまでする義理はない。しかしニコンも安いボディは今では同じ状態になってしまった。
a0095470_092412.jpg

 もっとも注意しないといけないことは、絞りリングのついたニコン用レンズでないと、カメラに付くものの絞りの操作ができず、きちんと撮影するのは困難だ。現在販売されているニコンデジカメ用オートフォーカスレンズ(レンズメーカー含む)のほとんどは絞りリングがないらしいから、使えないことになる。私は主に銀塩カメラ時代のレンズを使っているから、特に困らないけど。

 私はキャノン用単焦点レンズをほとんど持ってないが、このアダプターのおかげでイオスを使う天体撮影にはそれほど不自由していない。ニコン用レンズがたくさんあるからだ。ライブビューがあるおかげで、ピントの不安からも解放されたし。
a0095470_0135840.jpg

 とても便利な道具だが、欠点がひとつ。このアダプターはレンズに付きっぱなしになるので、レンズ交換の時はいちいちレンズからアダプターを外さなくてはならない。しかもこれが暗闇では外れにくいときている。迅速な撮影は無理だ。天体写真でそんな場面が出てくることはほとんどないと思うが。また、このアダプターは回転方向に少しガタがある。ネットで検索したら、最近は「ガタがない」ことを売りにしたアダプターがあるようだ。それがちょっと欲しい。
[PR]

by anettait | 2008-09-28 00:16 | カメラ関係 | Comments(4)  

Commented by やいまねこ at 2008-09-28 08:35 x
私もこのアダプタを使用しています。
確かにオートフォーカスレンズの絞りリングの無いレンズでは最大絞りとなってしまいますが、・・・
ここがミソ! その絞り部分に手作りのアダプタを作って入れています(当然絞り開放状態のみですが、天体撮影での支障は無いので・・・)
何かと便利です。
また値段も15000円と少々高めですが、2枚所有しており、交換が楽になるようにしています。
今販売されているものですが、殆どガタも無く、私の場合、取り外しも真っ暗闇でもまったく問題ありませんが。(もっとも自衛隊時代に真っ暗闇の中で銃の分解組立ての訓練を受けたことが功を奏しているのかも・・・)
今使用しているものですが、「近代インターナショナル」社のものを使用しています。とにかく重宝しています。
Commented by anettait at 2008-09-28 19:44
絞りリングの無いレンズはやはり最大絞りになってしまうのですか。
自作アダプターはなんとなく想像できます。

ニコンがメインカメラだった半年前、ニコン用の超広角ズームレンズの中古が出て、買うべきか悩みました。絞りリングがないタイプだったので見送りましたが、アダプター自作で使えるようになるとは。見送りが正解だったかどうか、考えてしまいます。そのレンズで星を撮った写真もなさそうなので、性能もわかりませんが。
Commented by ほうき星 at 2008-09-28 22:28 x
想定外の使い方ですが、電子アダプターというのがあってフォーカスエイドが使えるようになります。明るい恒星でも動くそうで、直焦でも使えるとか・・・
Commented by anettait at 2008-09-28 22:53
電子アダプター?と思って今検索したら、あるんですね。まったく知りませんでした。ほうき星さんありがとうございます。

しかし「KissX2を除く」、と書いてある・・・。もう少しアダプターが進化するのを待ってみますか。

<< カメラレンズ(1) シグマ20... アイピース(7) TMBスーパ... >>