アイピース(1) ナグラータイプ4 22mm 満足度90点

 台風で天気も悪く、連休の仕事疲れでネタもないのでアイピースの話でも。トップを飾るのは、あの超有名なアイピース。だから私が書くのも今更、というところだが、ついに買ってしまってうれしいので書いてみる。

 ナグラーはテレビューから出ている超有名なアイピース。超広角視界でアイピースの収差がないらしい。タイプ4とか6とかあるが、何が何だかよくわからない。まわりに持っている人もいないし、ほとんど覗いたこともなかった。私の基準では超高価だったので、今まで手を出す気にはなれなかったし、普通の長焦点アイピースで十分、と思っていた。

 しかしワイドスキャンなどの超広角アイピースはシュミカセならまだいいが、ドブソニアンなどの短焦点ニュートンとは相性が悪く、使い物にならなかった。他に持っている低価格長焦点アイピースは多少はましだったが、すべて1万円以下だったためにそれなりの性能だった。

 軽量大口径ドブソニアンを作っていると、いい広角アイピースが欲しくなった。そんな時、たまたまテレビューアイピースの中古セットを見つけた。惑星専用で有名なラジアンや、通称毒キノコと呼ばれる超高価なアイピースなど、セットでいくらだったかは忘れたが、恐ろしく高価だったような気がする。バラ売りも可とのこと。2日間悩んだ末、私の欲しい倍率が出せ、値段も(セットの中では)そこそこなタイプ4の22mmだけを注文した。新品よりはそれなりに安かった。
a0095470_22461464.jpg

 重いアイピースなので鏡筒バランスが心配だったが、実際に軽量大口径ドブソニアンに使ってみると、いい感じでバランスも取れ、使いやすい。視界は広く、覗いていて気持ちがいい。今まで使っていた低価格の低倍率用とは別世界だ。

 夏の天の川を流すと、名前もわからない星雲星団がいろいろ見えて、無条件に楽しい。抜けがいいので星雲がよく見える。球状星団などは倍率もそこそこあるので圧巻だ。OーⅢフィルターを使うと、40cmの光量にも助けられて星雲がよく見える。

 欠点といえば短焦点ニュートン反射の宿命、コマ収差が少しだけ気になること。コマコレクターが欲しいが、純正のパラコアはこのアイピースよりもさらに高価なので、今のところ買えない。

 私の満足度は90点。マイナス10点は、値段が高価なことと、ドブに使った時に少し残るコマ収差の分。これは望遠鏡のせいだけど。
 ついでに、重すぎる。中国製15cm屈折に付けたら、いつのまにかピントがずれていた。アイピースの重さでドロチューブが勝手に動いたようだ。それ以外は満足。
[PR]

by anettait | 2008-09-16 23:08 | アクセサリー関係 | Comments(0)  

<< アイピース(2) ノーブランド... かぐや打ち上げ一周年の中秋の名月は雨 >>