今日の木星 ・ シーイング悪い。

 NGT-18を運んでくたくただが、晴れているので撮影。眼視でも細かい模様が見えたり見えなかったり。光軸はどうにか満足できるレベルまで調整できた。でもシーイングはあまりよくない。大きなうねりがあるようで、これは近所のエアコンの排気熱かも。
a0095470_23393984.jpg

 画像処理すると一応見られる画像になる。今日は大気差補正プリズムを使わない方がいい画像になった。プリズムは角度の調整が難しい。

 このあと大赤斑が出てきたが、すでに木星の南中を過ぎているし、シーイングはさらに悪くなってひどい状態なので、早く寝ることにする。
[PR]

by anettait | 2008-07-31 23:42 | 惑星 | Comments(2)  

Commented by @館長 at 2008-08-01 21:33 x
はじめまして、最近大型のドブソニアンかNGT18かといろいろ調べてこちらにたどりつきました。惑星の高倍率を考えると自動追尾は必要だし・・・悩みがつきません。しかしNGT18もタイプⅡとなり、高値の花となってしまいました。なかなか思うようにいきませんね。これからも寄らせていただきます。では失礼いたします。
Commented by anettait at 2008-08-04 22:16
@館長さんはじめまして。NGT-18は重くて運用が大変です。私にとっては現在制作中のドブソニアンの方が軽くて組み立ても楽です。もちろんこれは体力にもよるのでしょうが・・・。ポンセットマウントがあればドブソニアンでも惑星の撮影が可能になりますが、架台が不安定になりやすいのが欠点です。大型機向けのいいマウントがあればいいのですが。

<< NGT-18観望会投入! スターウィーク観望会へ出発! >>