軽量大口径ドブソニアンを作れ!(8) グスクロード公園へ(1)

 世間は3連休。私の場合は少し違うが、天気がとてもよかったので、月出が早いのを承知でグスクロード公園へ、軽量大口径ドブソニアンを持ち出した。

 天気はとてもよく、ゆっくり日が暮れるのを待つという、最近にはない経験をした。そういえば、こんなゆったりするのは久しぶりだ。とはいうものの、月の出までの時間が短いので、やっぱり急いで望遠鏡を組み立てた。
a0095470_1231561.jpg

 実際に持ち出してよくわかったことがいろいろあった。まず、ねじ類が小さくて組み立てがしにくい。鏡筒のバランスを重りで無理に合わせるので、動きがとても渋い。しかもバランスがまだ合っていないので動かしにくい。運搬中に斜鏡がずれて光軸を合わせるのが面倒。この斜鏡は帰りに車を車庫に入れたとたん、落下した。幸い傷もなかったが、振動でここまでねじが緩むのかと驚いた。
a0095470_123581.jpg

 天の川が楽勝で見えるとてもいい空だったが、20時半には月が昇ってきた。それまでにM4、6,7,8、17、22などのいて座さそり座付近を見る。とてもよく見えた。月出が早いのがとても残念。月が出た後も天の川が見えるほどの透明度のよさだったので、本当に残念。木星の大赤斑も低空ながらよく見えた。撮影はできなかったけど。

今回のことで、このドブソニアンの問題点がはっきりした。ということで、また手直しだ。
[PR]

by anettait | 2008-07-22 01:26 | 大口径ドブソニアン | Comments(2)  

Commented by 小川茂樹 at 2008-07-22 12:04 x
兵庫県の小川です、こんにちは。 沖縄の地理は全く知らないのですがこのグスクロード公園というのは那覇市内にあるのですか。 肉眼でもこの写真の程度に見えるのならとても良い空ですね。 私の自宅付近に比べてさそり座やいて座が高く緯度の違いがよく分かります。 みなみのかんむり座がきれいですね。 当地では高緯度に加え南の水平線付近は大気汚染の影響か光の吸収が大きく、いて座の天の川が肉眼で見える条件の良い夜でもみなみのかんむり座は肉眼では殆ど見えません。 みなみのかんむり座を肉眼ではっきり見ることが冬のカノープス同様私の目標になっています。
Commented by anettait at 2008-07-24 00:28
小川さんこんにちは。グスクロード公園は南城市(旧玉城村)にあります。那覇から車で南東に30分程度の距離です。ここは透明度のいい日は星がよく見えます。写真を撮影した日は最高の透明度でした。
 
 ただし北の空は那覇があって明るいです。さらに秋から冬の終わりまで菊の電照栽培がおこなわれ、星が見えにくくなります。南は海なので、南の空はいつでもよく見えるんですが。

 残念なことに、那覇市内でここまで見える場所はもうないですね。昔(30年以上前)は首里城の近くでもこのくらい見えることはあったのですが。ちょうどその頃、私はみなみのかんむり座を初めて見ました。その頃はみなみのかんむり座という名前を知らず、「面白い星の並びがある」と思いました。あとで調べて星座であることを知りました。

<< 山の中で観望会 画面に衛星みっつ。 >>