やっと夏のシーイングが。

 望遠鏡にカメラを付けて、モニターに出力された画像のピントを合わせる。その瞬間、「これって静止画?」と思ってしまうほどのゆれの少なさ。やっと夏のシーイングが戻ってきたようだ。

 「静止画かと思った」というのはもちろんオーバーな表現だ。よく見ると像の乱れがけっこうある。衛星の影がふたつも表面に落ちているのを見るのは久しぶりだ。とりあえず撮影する。
a0095470_071577.jpg

 小赤斑だったものはこれ?それともあれ?強めに画像処理すると、それらしきものがふたつ見える。大赤斑が正面に来れば確認しやすいだろう。それまでシーイングは持ってくれるだろうか。雲はけっこう流れている。
[PR]

by anettait | 2008-07-20 00:15 | 惑星 | Comments(0)  

<< 画面に衛星みっつ。 シーイングはいいけど風が強すぎる。 >>