夏至の日、撮影してみた。

 今日は夏至の日。助手2号と観測室へのらせん階段を使って、夏至の日の太陽が南中するのを観察する。北回帰線ではないが、夏至の日には太陽が頭のてっぺんに来ることと、太陽の南中が12時ちょうどより遅いことを助手2号は理解したようだった(たぶん)。

 昨晩無理して撮影したためか、今日は一日体調不良だった。夏至の日観望会でもやろうかと思っていたのだが、やめた。無理はいかん無理は。

 夜になって軽量大口径ドブソニアンで遊ぶ。なにげなく昇ってきた木星を見てみると、高度15度しかないのに大赤斑がしっかり見えている。仕方がないので急いで撮影準備。

 とりあえず撮影してみたが、高度の低い雲と高い雲の両方があって、しかも木星が低空ということもあり、最初のうちはひどい写りだった。それでも撮影しておく。
a0095470_23575271.jpg

 大赤斑が正面を向いている画像は、撮影開始時間が遅かったので撮れなかった。しばらく撮影していると西からすごい雲のかたまりがやってきて、空全体を隠してしまった。撮影終了だな、これは。

 新しいパソコンはとても便利だ。撮影の合間にさっさと画像処理ができて、撮影の合間にブログに画像をアップできる。これも処理速度がとても早いおかげだ。買ってよかった。ノートパソコンにしては重すぎるけど。
[PR]

by anettait | 2008-06-22 00:00 | 惑星 | Comments(0)  

<< 軽量大口径ドブソニアンを作れ!(6) 撮影終了。疲れた。 >>