人気ブログランキング |

いろんなデジカメで太陽を撮ってみる(3) 富士フィルム X-M1

今日も天気が悪いのでデジカメネタで。デジカメによる太陽の写り比較第3弾。今回はフジのX-M1だ。
いろんなデジカメで太陽を撮ってみる(3) 富士フィルム X-M1_a0095470_00502046.jpg
これはけっこう古い機種だが、フジのミラーレスを使いたくて2年ちょっと前に中古で購入した。
改造なしでHαがよく写るというので買ってみたが、液晶の拡大率が低く、星にピントを合わせるには熟練の技かルーペが必要だとわかった。そこで一気に使う気をなくしてしまい、ちゃんと星雲を撮ったことがまだない。
最近使ったのは夏のペルセウス座流星群の時。星はちゃんと写るカメラだけど、あまり使ってない。
いろんなデジカメで太陽を撮ってみる(3) 富士フィルム X-M1_a0095470_00501009.jpg
ところが今回、初めて太陽を撮影してみると、意外に素直な写りをすることがわかった。上の画像は撮って出し。トリミングなしなので、2倍バーローを使った直焦点で焦点距離400㎜(バーローで800㎜)の太陽がどの程度に写るかがわかると思う。実際はTリングの長さなどがあってちょうど2倍ではないけど。

下の画像は、上の画像をRGB分解したもの。B画像がとても暗い。だからカラーはオレンジ色に写るのだろう。ソニーのNEXはもっとBが暗いけど、そうなると赤のニジミがひどくなる。
いろんなデジカメで太陽を撮ってみる(3) 富士フィルム X-M1_a0095470_00501670.jpg
下の画像は5コマコンポジットしたもの。太陽面もちゃんと出る。なかなかいい感じだ。コンポジットの枚数を増やせば、太陽面はもっとちゃんと出ると思う。
いろんなデジカメで太陽を撮ってみる(3) 富士フィルム X-M1_a0095470_00502478.jpg
しかし私がこの機種を太陽撮影の主力にしないのは、操作性に問題があるからだ。
ピント合わせもそのひとつだが、液晶を見ても適正露出なのかどうかがわからないことが大きい。液晶での表示と実際に撮影した画像の明るさが、太陽に限っては大きく違うのだ。一般撮影では問題ないけど。

マニュアル露出で撮っているからなのか、オートにすればましになるかは天気が悪くてまだ試していない。でもピントも合わせにくいし、もういいかな、と思っている。EOS-M10があるし。

そうそう、セルフタイマーで10コマ撮るモードはこの機種にもない。専用ケーブルレリーズは買い直したので、それで連射すればいいだけなので、セルフタイマーは使わなくて済む。

最近のフジの製品がどういう写りなのか、ちょっと気になる。液晶の拡大率は上がったのかを以前カメラ量販店に試しに行ったら、拡大率は上がっていた。でも買ってまで写りを確認する気は、今はない。とりあえず太陽用デジカメはあるので。



by anettait | 2021-01-07 01:03 | カメラ関係 | Comments(2)  

Commented by クリちゃん at 2021-01-08 00:41 x
はじめまして^^
あたしも太陽撮影にX-M1を使っています。白色光ですけどね。Hαいいなぁ。
X-T1も使っていますが拡大率が低いのはほんと困ります。ジャンク双眼鏡の対物レンズをばらしてルーペにしてピント合わせをしています。
T1では設定変更がたくさん有って大変ですけど、M1はカスタムが有るので一発で合せられます。セルフタイマーだけはセット必要ですけどね。

ちなみにセット内容は、WBプリセット、スポット測光、露出補正+1、MF、ISO200、連写5.6fps、RAW+Fine、これでカスタム保存してあります。
一度に5コマ連写してくれます。ただし機械シャッターなので早いシャッターが切れないとブレる可能性有りますけど^^;

RAW画像からコントラストなど強めに調整して、場合によりG画像だけ使うこともあります。
Hαとはまた設定が違ってくるでしょうけど、嬉しくなっていろいろ書いてしまいました^^;
X-T1は不満だらけ、X-S10買ってみたいと思っているところです。
Commented by anettait at 2021-01-08 20:35
クリちゃんさん初めまして。

まさか他にもX-M1で太陽撮影をしている人がいたとは。やはりピント合わせはルーペが必要ですよね。フジのミラーレスの拡大率をまとめたサイトがどこかにあったのを最近見たのですが、全体的に拡大率が低めみたいでした。

色はいいんですけどね。もう少しこれで太陽を撮影してみようと思います。セルフタイマーで一度に5コマ撮影できるのは気が付きませんでした。もっとよく調べたいと思います。

<< SkyWatcherのAZ-E... 2020年12月は気象の新記録を樹立 >>