人気ブログランキング |

旅行用望遠鏡を考える(5)ポップアップドブ25cm

旅行用望遠鏡としては、私が持っている最大口径がこれだ。トラベルドブソニアンというカテゴリーに入るが、商品名はポップアップドブだったと思う。15年以上前に京都の国際光器が輸入販売していたもので、25cmと20cmの2種類あったような気がするがよく覚えていない。けっこう高くてその時は買わなかったが、5年くらい前に中古で購入。これは25cmF5の方。
旅行用望遠鏡を考える(5)ポップアップドブ25cm_a0095470_00003474.jpg
これまでオーストラリアに3回くらい持って行った。非常に考えられた作りというか、どうしてここまでしたという複雑な構造をしていて、とにかくポップアップさせたかったんだと思う。たたんだ状態では収納性が非常に悪く、直径35cm、高さ50cmくらいの円筒形になるので専用ハードケースに入れるしかない。しかも専用ケースに入れたら16㎏になるのにタイヤがついていないので運搬がきつい。本体を布の袋に入れた状態では12㎏くらいなんだが。
旅行用望遠鏡を考える(5)ポップアップドブ25cm_a0095470_00005179.jpg
去年は分解してスーツケース2個に分けて持っていったら水平回転部を自宅に忘れて困った。しかもそろそろ樹脂の部品が劣化してきていて、製造元はとっくに望遠鏡から手を引いているみたいだし、修理も厳しい。まだ使えるからいいけど、修理に必要な部品は自分で探さないといけない時期が来るはず。
旅行用望遠鏡を考える(5)ポップアップドブ25cm_a0095470_00010618.jpg
光学性能は優秀で、惑星も高倍率でよく見えるし去年オーストラリアで見たオリオン大星雲は圧巻だった。上の画像は自宅で撮ったのでしょぼい。空のいい場所に飛行機で持って行くにはベストの1台だと思う。もう売ってないけど。
旅行用望遠鏡を考える(5)ポップアップドブ25cm_a0095470_00004425.jpg
ただ、笠井トレーディングでトラベルドブソニアンを何種類か販売していて、これより大口径の30cmとか40cmもある。トラベルドブソニアンが欲しい人はそれを検討するのが手っ取り早いと思う。25cmとかもあるし。

海外に望遠鏡(ドブソニアン)を持って行く場合、25cmと30cmでは運搬の難易度がかなり違う。まず主鏡の重さ。焦点距離の違いによる部品の多さ。複数名で行くなら分割して持てるので楽だが、私のように毎回ひとり旅なら25cmが楽だし限界のような気がする。でも最近のトラベルドブソニアンなら30cmもいけるかな、と思ったりもする。最近の製品は飛行機で持って行く(荷物として預ける)ことを想定して作られているので非常にコンパクトだ。

それはまだ買ってないけど、自作で何とかならないかと考えているところだ。以前急いで作った30cmの未完成品を持って行って痛い目を見たが、まだ懲りてない。

まあ、旅行用望遠鏡としてはトラベルドブソニアンが最高、と大口径病の私は考えている。自動導入も本格的な撮影もできないけど。でも一昨年のオーストラリアではモーテルのオーナー一家(小学生と幼児の子ども含む)に、この望遠鏡で月とかオリオン大星雲を見せて喜ばれたので、ある程度口径があった方がいろいろいいと思う。


by anettait | 2019-12-10 00:31 | 天体望遠鏡 | Comments(0)  

<< 旅行用望遠鏡を考える(6) K... 旅行用望遠鏡を考える(4)その... >>