人気ブログランキング |

満月の夜に近所の学校夏祭りで土星を見せた話

近所の学校で夏祭りがあったので、ひとりで20cmドブソニアンを持って飛び入り参加した。PTA関係の知り合いがいろいろいて、参加させてもらった。もちろん駐車場は用意されてなく、望遠鏡は近くの駐車場から台車に乗せて運んだ。
ところが車で2,3分の距離だが台車で15分以上かかって、これが意外に大変だった。

舞台全開のお祭りなので大音量で音楽が流れる中、看板を鏡筒に張り付けて運動場の片隅で地味におこなった。
星が見え出す午後7時から祭り終了の午後8時までの1時間で、30~40人くらいが土星を見てくれた。20cm300倍で見る土星はそこそこ大きいので、「お、すごい!」と言ってくれる人が多くて良かった。
a0095470_12504508.jpg
小さくてアイピースをうまくのぞけない子には、コンデジをデジアイピース代わりにして見てもらった。下の画像はそのついでに撮影したもの。
a0095470_12520155.jpg
雲がけっこう多かったが、祭りが終わる頃満月が出て、快晴になった。満月だから快晴か、祭り終了だから快晴なのかはわからないが、観望会あるあるだな。
a0095470_12512338.jpg
帰りはゆるい登り坂があって、けっこうきつかった。台車のタイヤが小さいせいで、最近よくある歩道のでこぼこ舗装に引っ掛かり、とてもつらい。タイヤの大きい台車を買おうと決心した。

また、タイヤが小さいと路面のでこぼこによる振動が激しく、学校に到着した時点で接眼部のねじ1本が脱落(紛失)、光軸も狂っていた。また、小さい子用の踏み台も車に忘れてしまっていたのを途中で思い出したが、この台車で引き返す気にはならずあきらめた。やはり大きい台車を買おう。

帰ってから満月の撮影をするつもりだったが、クタクタでやめた。そういえば月見用の小さい屈折も持って行くつもりだったが、台車に乗せられないのでやめたんだった。大きい台車が必要だな。

by anettait | 2019-09-15 13:35 | 観望会 | Comments(0)  

<< ビクセンR200SSの筒で遊ぶ 中秋の名月撮り直し >>