人気ブログランキング |

使用望遠鏡がだんだん小さくなる話

最近使用する望遠鏡の口径がだんだん小さくなってきた。
理由はもちろん腰痛だ。重い望遠鏡が持てない、いや持つ気がしない。
今月初めまでは口径50㎝を使っていたが、前回は25㎝と20㎝、今回はついに13㎝だ。
a0095470_23252919.jpg
スカイウォッチャーの口径13㎝ニュートン反射を同社のAZ-GTiに載せたもの。
軽くて非常に快適。ただし今回はなぜか導入精度は悪かった。

まずファインダーでM57を導入して撮影してみた。焦点距離650㎜では小さくしか写らない。
a0095470_23251210.jpg
仕方がないのでM57の部分を等倍切り出し。露出4秒なのに、なんと中心星らしきものが写っている?写っているコマが2に対し写ってないコマ多数なので、これは調査が必要。
a0095470_23252501.jpg
ついでに月も撮った。なかなかシャープだがやっぱり小さい。
a0095470_23253320.jpg
だからトリミング。こちらは等倍ではなく70パーセントくらいに縮小した。
a0095470_23253770.jpg
土星も見たんだが、撮影はしてない。200倍でなかなかシャープに見えた。高倍率ではピント合わせでぶれるので、マイクロフォーカス接眼部がとても便利。

離島などに持っていくにはとてもいい組み合わせ。でも撮影するならスカイメモRS持って行った方がいい結果になりそうなのは確かだ。撮影だけなら。

腰痛は良くなっているのだが、重い大口径はまだちょっとこわい。



by anettait | 2019-08-22 23:33 | 天体望遠鏡 | Comments(4)  

Commented by ズームアイピース男 at 2019-09-01 10:17 x
こんにちは。お久しぶりです。
太陽望遠鏡のズームアイピースで何回かやり取りした男です。
すいません。ちょっと教えて欲しいことがあって書いています。
AZ-GTi架台のアリ溝部分は脱着可能でしょうか。
具体的にはあちこちの販売店がオリジナルで出しているアリ溝台座と交換して使用可能でしょうか。
それとも固定式で交換不可でしょうか。

実物が見られないのでよろしくお願いします。
Commented by anettait at 2019-09-02 22:19
こんにちは。結論から申しますと、AZ-GTiのアリミゾは簡単に外せるかどうかは不明です。
アリミゾの中心部分は直径3~4cmの金属のカバーが付いています。もしかしたらその下にアリミゾ取り付けねじが隠されているかもしれませんが、今のところそこまで分解する気にはなれないので、不明です。
現状ではアリガタの種類により入りにくかったりもしますが、まだ改造するには遊び足りないです。
Commented by ズームアイピース男 at 2019-09-04 06:36 x
回答ありがとうございます。
やっぱりなんか難しそうですね。

ネジの先端で直接アリガタを押さえつけるアリ溝金具はどうも好きになれないんですよね。
昔そういうアリ溝台座を使っていたのですが、ネジが自然に緩んで鏡筒を危うく落下させそうになりまして。。。
Commented by ズームアイピース男 at 2019-09-04 08:06 x
追伸。
ご存知だと思いますが、ビクセンのAP架台のアリ溝も交換不可です。
(交換可能だともっと売れると思うのですが、もったいない)

<< 青いラプトル60を入手した 一般の人でも25cmで大赤斑が... >>