人気ブログランキング |

天体撮影練習用デジカメを探す イントロダクション的なもの

最近、星景写真が一般的になりつつあるような気がする。それはデジカメの性能が良くなったことが大きいと思うのだが、困るのが「星を撮影するのにどれを買ったらいい?」とスマホしか使ったことのない知り合いから聞かれること。これが時々ある。

写真マニアならデジ一眼くらい持っているので、撮り方のアドバイスだけで済むが、スマホでしか写真を撮ったことがない人にカメラを勧めるのは、かなり難しい。
星の撮り方よりも、まず写真の写る仕組みとフルマニュアルで写真を撮る方法から教えないといけないし、そういう人に高価な高性能デジカメを勧めるのも気が引ける。
a0095470_22022829.jpg
いつかは天体写真の撮り方講座をしなければいけないとは思いつつも、初心者にカメラを買ってこさせて講座をするのは気が引ける。
ということで、ジャンク寸前のデジカメで練習させて、撮り方を理解させたところで考えさせるのがいいかもと思いついた。
実際に撮影してみたら思ったより面倒だったり機材が重かったりで、買うのをやめるということも十分考えられるからだ。

さて天体撮影は拡大撮影まで入れると仕様機材が非常に多くなるので、ここでは星座写真しかも固定撮影に限定して考えたい。
その場合、必要な機能は次のものだと思う。
①マニュアル露出ができる
②リモコンが使える
③液晶画面でピント合わせができる
④高感度がちゃんと使える

だいたい以上だろう。
今回は安い中古という条件が加わるので、一万円前後で買える機種で考えたい。今のところ、主にミラーレスで考えている。

初期のマイクロフォーサーズは非常に安いものが多いが、④がだめなので除外する。うちに3台あるので間違いない。EP-5くらいからは何とか使えそうだが、これから買うならできるだけ新しい機種がいい。

初期のSONYのミラーレスではNEX3シリーズがリモコンそのものが使えないので要注意。5シリーズはリモコンは使えてもケーブルレリーズが使えない。何だか進化の過程を見るようだ。

企画倒れになるような気もするが(主に資金難で)、不定期にやってみたい。

by anettait | 2019-03-10 22:04 | カメラ関係 | Comments(0)  

<< 天体撮影練習用デジカメを探す①... SE-AT100n鏡筒をまた買った >>