人気ブログランキング |

観望会用に Skywatcher DOB GOTO8 を買った

最近、SkywatcherのDOB GOTO8の展示品を見つけ、急いで買った。
口径20㎝のニュートン反射で、架台はドブソニアンタイプの自動導入経緯台。
a0095470_22053015.jpg
このタイプを買うのは5台目で、時々使うものも含めれば口径20㎝から40㎝までのシリーズのすべての機種を使ったことになる。手放したものもあるが、重すぎてめったに使わない40㎝もまだ持っている。

以前この架台だけを買ってケンコーの20㎝を載せて使っているのだが、これが小学校等での観望会で実に使いやすい。この架台は重いのと鏡筒が手動で動きにくいという欠点があるのだが、それが観望会では利点に変わる。子供がちょっと押したくらいでは動かないので、実に安定した状態で使えるのだ。赤道儀に載せたケンコー20㎝ニュートンだと安定性に欠ける。

ということで、昨年末頃に観望会用にあと2台揃えて3台体制にしたいなと考えていたところ、先月末くらいに輸入販売元のシュミットのアウトレットコーナーに安い展示品が出たのですぐに注文した。3台体制なのは、沖縄の小学校は1学年3クラスというのが標準的だから。

さて口径20㎝F6なので光学性能は口径どおりなのはいいとして、うちのは架台の追尾がちょっと変だ。まだ2回しか使ってないのだが、高倍率で惑星を見ると、しゃっくりをするように惑星がピクリと動く。つまりスムーズに追尾できてない。
そういえば以前買った20㎝用架台も最初はそんな感じだったが、いつの間にか直ってしまったような気がする。あれは改造して30㎝を載せたりしていたから参考にはならない。
これが初期不良なのかはもう少し様子を見たい。なんといってもまだ2回しか使ってないし。

導入精度はまあまあ。ただ、30㎝と40㎝はもっと導入精度が良かったような気がするが、並べて比べたわけでもないので気のせいかもしれない。
a0095470_22051659.jpg
最も困るのが光軸修正のネジ。シリーズの他の機種と違い、ネジを手で回すことができない。下の画像は鏡筒底部のネジだが、このとおりプラスのドライバーと六角レンチが必要。これは実に困る。
a0095470_22052322.jpg
伸縮式ドブソニアンの宿命である使うたびの光軸修正。これが工具なしではできないというのは、大きな欠点だ。とても面倒。しかも工具が2種類必要。
もちろん低倍率では気にならないが、私のように常に200倍以上で惑星を見るとなると光軸のズレが気になってしょうがない。先日の木星撮影で光軸を調整できなかったのは、工具を探す時間が無かったからだ。そんなことをしてたら夜明けに間に合わない。光学性能はいいのに調整に手間がかかるのは実にもったいない。

ということで、20㎝も他の機種と同じように手で回せるネジに変えるべきだと提案したい。せめてプラスドライバー1本だけで済むようにするとか。間違えないためにネジの種類を変えているのかなとも思うのだが、そこはちょっと違うと思う。まあ私は自分でネジを付け替えようと思っているんだが。
a0095470_22051099.jpg
ところでもう1台同じものが安く出たら買う予定だが、これを買ったので今はお金がない。今年中に3台体制にできればいいかなと思っている。

架台の重さは20㎝も25㎝もあまり差はないので、25㎝の3台体制というのも考えた。しかし値段が違うし、そもそも今の車には25㎝3台は厳しいのでやめた。月、木星、土星なら20㎝でけっこう楽しめるし。でも迅速なセッティングが求められる平日の学校観望会で光軸修正に時間がかかるのはやはりいやだな。

by anettait | 2019-02-28 22:51 | 自動導入機 | Comments(4)  

Commented by TANKO at 2019-03-01 10:23 x
はじめまして

私は6年ほど前に同社の10インチのGOTOドブを購入しましたが、主鏡の光軸調整は工具不要で手で回せるネジタイプです。斜鏡の方は六角レンチが必要ですが。
8インチ以下と10インチ以上で主鏡セルの光軸調整ネジ仕様が異なっているようですね。

追尾がスムーズでないのは私のも同じです。
仕様なのでしょうかね?

長く使っていて困ったことがひとつ。
使用後に鏡筒を縮めるほうが問題ないが、使用前に鏡筒を伸ばす方がスムーズにいかなくなりました。相当力を込めて引っ張り上げないと、筒が伸びてくれません。
なにかうまい調整方法があればいいんですが。。。
Commented by anettait at 2019-03-07 22:33
> TANKOさん
はじめまして。
私も最初に買ったGOTO10は今でも年に2,3回使う機会がありますが、確かに鏡筒を伸ばす方に動きにくくなっています。おそらく仕様でしょう。鉄製の棒の部分に軽くワックスのようなものを塗れば動きはスムーズになるはずですが、スムーズになりすぎるのが心配で実行してません。

追尾の方はやはり仕様でしょうか。たぶん水平方向の動きが悪いだけなのかとも考えましたが、解決していません。30㎝(GOTO12)の方は追尾がスムーズなので、個体差が多少あるのかもしれません。
Commented by TANKO at 2019-03-08 01:34 x
12インチの方が大丈夫だとすると、仕様なのではなく、上下水平動の締め加減次第なのかもしれませんね。
そういえば、だいぶ以前に鏡筒がすぐお辞儀するようになり、代理店に問い合わせて調整方法を問い合わせたことがありました。
黒いボックス部分を空けて、ネジの締め加減をいじってお辞儀しないように上下動を固くした覚えがあります。
カクカクはネジの締め下限で解決できるかもしれませんね。
Commented by anettait at 2019-03-08 20:08
なるほど、ネジの締め加減は確かにありそうですね。
私が持っている8インチ2台はどちらも水平方向がカクカクします。ということは水平方向のネジをいじってみると効果があるかもしれません。
そういえば12インチ以上は、水平垂直ともクランプが付いています。それも何か関係しているような気もします。
天気が回復したら、ネジの締め具合をいじってみようと思います。

<< ちょっと勉強しに来てみた α6500で木星を撮ってみた >>