人気ブログランキング |

AZ-GTiで遊ぶ(8) 導入精度が悪かったのは三脚ねじが緩んでいたから?

久しぶりにAZ-GTiで遊ぼうと、一式持って屋上に上がった。今回は古いビクセンの反射鏡筒「スーパーポラリスR150S」の修理が終わったので、載せてみようと思ったのだ。

R150Sは名前のとおりビクセンSP赤道儀と一緒に販売されていたものと思われる(SPはスーパーポラリスの意味)。ただ、私はその頃ビクセンの製品に興味はなかったようで、まったく記憶にない。そういえば友人がこれの13cmをGP赤道儀と一緒に買っていたので、GPの時代まで販売されていたのか。

私が入手したのはもちろん中古、しかもジャンク状態のもの。いつだったかはすでに忘れたが、5,6年前だったような気がするから10年近く前だな。接眼部は特徴的なスライド式だが、そこが壊れていた。最近部品を入手して、やっと修理したのだった。
a0095470_23523052.jpg
前置きが長くなったが、これを載せようと考えたのは重量がAZ-GTi搭載限界いっぱいの5kgだったからだ。ケンコーのSE150Nはこれより1kgくらい重いし、鏡筒も太い。ファインダーもケンコーは5cmなので重い。

で、重い鏡筒を載せるのでバランスウェイトをつけてみた。シャフトはホームセンターで買ったM12ボルト、ウェイトはスカイメモRSのを流用。他のは穴の直径が大きすぎたり小さかったり。スカイメモRSのも少し大きいが、許容範囲だ。シャフトのボルトは一番長いので13cmしか売ってなかったが、少し短い。ねじを奥まで入れたらバランスウェイトが本体に干渉する。シャフトはせめて15cmは欲しい。
a0095470_23524716.jpg
で、ウェイトをつけて揺らしてみたらぐらぐらだ。調べてみたら三脚のねじが緩んでいた。もしかしたら送られてきた時からこの状態だったかも。とりあえす六角レンチで締めたら、その後の挿入精度が良くなった。いや今までが悪すぎたので、普通になったといった方がいい。
a0095470_23525128.jpg
で、R150Sを載せたら、バランスウェイトの効果と三脚ねじ締めの効果か、導入精度もそこそこいいし、使っていて楽しい。光害地なので15cmでは星雲などはしょぼいが、ぎょしゃ座の散開星団はみっつとも個性が違うのもよくわかるし、二重星も見て楽しい。

導入は最悪でもファインダー内に入るし半分以上はちゃんとPL25mmの30倍の視野の中に入ってくる。ウェイトなしでの導入実験はやってないが、これだけ大きい鏡筒になると導入精度への影響もありそうなので、ウェイト必須だと思う。

この組み合わせならスーツケースにも全部入るし、旅行に持っていくことも可能だと思う。軽いので重量制限も関係なさそうだ。



by anettait | 2018-11-13 00:00 | 自動導入機 | Comments(0)  

<< 出たばかりの満月 明けの明星、夕方の細い月と水星 >>