人気ブログランキング |

カーナビ vs グーグルマップ in オーストラリア

私がいつも借りるレンタカーのカーナビは、日本のに比べて情報が非常に少ない。そういえばレンタカーのお店の人は「GPS」と呼んでいたので、カーナビに対する考え方が違うかもしれない。

とにかく画面上の情報がとても少ない。現在走っている道路の名前は出るが、現在地の近くにあるお店や観光地の名前は、特別な操作をしないと出てこない。おまけに英語でしゃべるし(当たり前か)、知りたい情報を探すのに骨が折れる。

前回は持ち込んだタブレットでグーグルマップを使い、わりといい感じだったので、今回はスマホで本格的にグーグルマップとカーナビを比べてみた。下はスマホの画面。カーナビの画面は撮り忘れた。
a0095470_21051428.jpg
情報表示はグーグルマップの方が圧倒的に多いし、何といっても日本語表示だ。日本語でナビもしてくれるし、便利この上ない。

しかし使っているうちに、日本では考えられないような、オーストラリア特有の問題があることがわかった。
a0095470_21052452.jpg
町から離れたところにある自然公園に行こうとしてグーグルマップにナビをしてもらったら、公園に近い場所で上の画像のような車1台しか通れないような道に誘導された。変だなと思いながらもナビに従って1kmほど進んだら、「500m先でUターンしてください」と言う。
500m先には民家があって、その前でUターン、元来た道を戻った。そしたら途中で干上がった川底に続くような道?と言えないような土手に誘導する。まず普通乗用車では走れない道だ。今回は4WDなので行くかどうかちょっと迷ったが、やっぱりこれはまずいと思い元来た道をそのまま進んだら「新しいルートを検索しています」と言ったきり黙ってしまった。

どうやら電波が届かない場所では情報が更新されず、グーグルマップは道を見失うことがわかった。日本のようにどこでも電波が入るならどこでも使えるが、町から離れたら電波が届かない場所の多いオーストラリアではそうはいかないらしい。
a0095470_21052928.jpg
そこからカーナビに案内を頼んだら、上のような舗装はしてないけどやや広い道に誘導された。そして何もない路上で「目的地に到着」と英語で言われた。確かにこの道の入り口には自然公園の表示が出ていたので間違いではなさそう。何もないけど。

町から少し離れた丸見えなコテージに行った時も、グーグルマップは隣にある民家に誘導してくれた。それではカーナビがいいかというと、そうでもない。カーナビでシドニーの空港近くにあるチェーン店のホテルを検索したら、同じ名前がたくさん出て、見分けるポイントはホテルの住所だけという、困った表示をしてくれる。結局そこはスマホと去年の記憶でたどり着いた。

カーナビは地図情報を内蔵しているので、GPSで現在地がわかるし、どこにいるのかを見失うことはない。オーストラリアではオプションなので、1週間で日本円で1万円ちょっとかかるので、それだけの価値があるかの判断になる。機能を考えるとちょっと微妙だ。

スマホを持ち込んでカーナビを借りないことにする手もある。どうせネットの情報は必要なので現地のsimカードは買うわけだし。
高速道路の場合は出口表示が出るなど、カーナビの方が便利なあ場面もあるにはある。しかも電波が届かない場所ではグーグルマップはお手上げだ。
しかしそれ以外ではスマホの方が有能に思えた。日本からスマホをダッシュボードに固定するアダプターを持っていけば、あとは空港で現地のsimカードを買うだけ。次回はそれでやってみようかな。それとも自分の行動パターンから、迷子になることを前提にカーナビを借りておくか。悩むな。


by anettait | 2018-10-16 21:36 | オーストラリア星旅 | Comments(1)  

Commented by daitoshi at 2019-07-17 03:52 x
google mapで地図データをダウンロードしてオフラインマップにしておいたらうまくいかないですか?
自分はオーストラリア南部でオフラインマップで使いましたが、大丈夫でした。

<< 望遠鏡用バッテリーが次々ダメに... 南半球では金星がまだ高い >>