パークス電波天文台にまた行った

四日目は前日の天気予報に反して曇り時々晴れで午後は雨。とりあえずパークス電波天文台に数年ぶりに行った。
a0095470_14205644.jpg
ちょうど解説員が講演?を行っていたので聞いてみた。当然英語なので、半分以上、いやほとんどわからないがスライドの図でわかったような気になる。パークス天文台では現在もパルサーの観測をしているらしいということはわかった。

観客は意外に小学生くらいの子供(親子連れ)が多く、難しそうな話(英語なので推測だが)をちゃんと聞いていた。
私の前に座っている子が、「重力波って何?」みたいなことを質問していたが、回答は英語が難しすぎてさっぱりわからなかった。質問した子も回答はよくわからないみたいだった。

その後200キロ移動して、次の宿へ。田舎町で空は暗いはずだが、雨が降ってる。しかも日没ちょうどに着いたのに開いている店は小さいスーパーとパブみたいな飲み屋だけ。仕方がないので翌日のロケハンついでに近くの大きな町まで雨の中買い出しに出た。

ロケハン現場に着いたら、なんと雲の隙間から星が見えている。で、そのまま撮影した。雲はまだ多かったので、とりあえず撮ってみただけ。
防寒具をろくに準備しなかったので寒かったが、使い捨てカイロを車に置いていたのでなんとかなった。
a0095470_14204155.jpg
予定していた場所は風が異常に強く、軽量のカーボン三脚では無理そうなことがわかった。でもどうにか撮れただけでもいいか。

これほど天気が悪いのは低気圧の動きが遅いためなのはわかっている。600キロくらい西に行けば晴れていそうなんだが、そこまでは無理だな。


[PR]

by anettait | 2018-10-06 14:25 | オーストラリア星旅 | Comments(0)  

<< 急にサマータイムになって困った話 三日目は大雨 >>