人気ブログランキング |

スカイメモSで遊ぶ

最初に書いておくが、これはメーカーの想定外(たぶん)の機材マニアの遊びなので、初心者はまねしないように。

ケンコートキナーのジャンク品でスカイメモSの本体を一昨年くらいに入手して以来、ネットでちまちまと部品を買い集めていたら、いつの間にか専用三脚以外のスカイメモSが一式そろってしまった。
できれば安いジャンク品をと思ったが部品はすぐに売れてしまうので、大手カメラ店等のネット販売を利用してポイント等も使ってできるだけ安く買い集めた。

一式そろえたのは、そうでないとスカイメモSはその性能を発揮できないと考えたからだ。まずバランスが合わないと撮影に失敗する。これは去年のオーストラリアで痛感した。また、一式そろえば普通の赤道儀として代用できるかもという期待があったからだ。

というわけで旅ドブを載せてみた。これがうまくいけば、オーストラリアで数秒の短時間露出でも20cmF4鏡筒で撮影できるのではないかと思ったからだ。
a0095470_21080915.jpg
しかし誰が考えてもこれは無理だ。実際に載せてみて、それはすぐにわかった。まず、緯度調整用の微動雲台の強度が絶望的に不足している。5kgの鏡筒に3kgのバランスウェイトが必要なので、まず無理だ。しかも赤経クランプが強度不足で回しにくく使いにいので、狙ったところで固定するのは無理だ。さらに風にとても弱い。いや風が吹かなくてもぐらぐら揺れる。でもどうにか月を撮ってみた。
a0095470_21075742.jpg
いちばん上の画像のように雲が多かったので、2枚合わせて比較明合成で雲の影響を少なくしてみた。そしてアンシャープマスクとコントラスト調整でごまかす。月を真ん中に持ってきて撮影するのはけっこう難しかった。
a0095470_21074041.jpg
口径7cmの短焦点屈折なら大丈夫そうだが、これで直焦点撮影できるかといえば無理かも。試してないので印象だけで言っているが。
a0095470_21074550.jpg
口径8cmF7屈折鏡筒くらいからは重量オーバーな感じ。こういう使い方はしない方がいいと思う。

普通なら追尾精度等の検証に行くと思うが、そこは興味がないので私はやらない。上の鏡筒では追尾が無理なのはわかっているし。


by anettait | 2018-08-28 21:21 | 天体望遠鏡 | Comments(0)  

<< 8月最後の火星 満月3時間後の月を旅ドブで撮る >>