人気ブログランキング |

火星大接近観望会は大盛況

昨日の観望会は天気がかなり不安だったが、スタートしてからは雨に降られることなく、完全に曇ることもなく最後まで火星を見せることができた。yahooニュースにシルエット画像で載っていたのが今回の観望会のものだと思う(シルエットの子供が火星を指差しているやつ)。

ただ観望会中は非常に忙しかったため私は写真はまったく撮ってない。いや撮る暇がなかった。
今日になって片付ける前のワンボックスカーに載せた望遠鏡の写真をやっと撮影。
a0095470_21374066.jpg
手前の白い鏡筒はケンコーSE200Nをスカイウォッチャーの自動導入ドブ架台に載せたもの。アライメントの調子は悪いが自動追尾モードのみで使用するとどうにか使える。左下の25cmシュミカセは三脚忘れたので使わなかった。右上は長い脚立。
a0095470_21383530.jpg
その奥にあるのはスカイウォッチャーの自動導入ドブ3兄弟。40cm、35cm、30cm。別の車にサークルの25cmも載っている。観望会では自動で追尾してくれるし接眼部が高くならず子供でも覗きやすい。小さい子でも脚立は小さいので間に合う。何といっても大口径なので惑星をはっきり見てもらえる。実に観望会向きの望遠鏡だ。

ただしどれも重いので、持ち運びは大変だ。鏡筒もすべて鉄なので重い。軽量化は考えてないとしか思えない。いや35cmと40cmの主鏡は少し軽量化されているか。

おかげで今日は腰が痛い。ワンボックスカーもレンタカーなので、返却期限に間に合うように片付けるのが大変だった。

昨日の観望会では大口径の威力は絶大で、40cmはさすがニュートンでキレのある像で模様も見えたが一般の人には見えなかったみたいだ。40cmはめちゃくちゃ重いので持っていくのを迷ったが、持っていってよかった。雨が降ったら撤収に時間がかかるので最悪だが、雨が降らなかったのはラッキーだった。

40cmドブは自分の車に載せ換えたが、重すぎて今日は降ろす気にならない。40cmドブを運用するのに大きな車を買うという選択も考えたが、今回のことで「ドブを出す時だけレンタカー」の方が現実的だなと思った。ワンボックスカーは普段使いには私には大きすぎるので。


by anettait | 2018-08-01 21:55 | 観望会 | Comments(0)  

<< 最接近の日の火星 今日は火星大接近観望会in新都心公園 >>