人気ブログランキング |

今日は火星大接近観望会in新都心公園

日付が変わったので、今日は15年ぶりの火星大接近。とはいえ昨日や一昨日と見かけの大きさはぜんぜん変わらないし、今週末だって大きさは変わらないので、土曜日に見ても同じ。むしろ後の方が砂嵐が収まって模様も見えてくる可能性は高い。

しかしこういうのはお祭りだから、盛り上がるタイミングというのが世間にはあるみたいなので、最接近の日に盛り上がっていきましょう、ということになる。
a0095470_00080503.jpg
まあそういうわけで、今日はまだ週の前半なのに観望会がある。今はその準備をしているが、高倍率用のアイピースが足りない。ドームにLV4mmが何個か転がっていたかもしれないので、これから捜索隊を出す。

LV2.5mmもどこかにあるはずだが、あれは倍率が高くなりすぎるので探さない。人数の多い観望会では追尾に気を使う倍率は使うべきではないと思っている。

というわけで今夜は火星が撮影できない。まあ曇っているんだけどね。明日はどうだろう。気まぐれな台風が九州あたりに居座っていて、ここまでその影響が出ているのは困ったものだが天気だけは仕方ないか。

ところで口径が大きくなるほど火星はまぶしくて模様は見えにくい。倍率を上げるにも大口径は光量が多すぎるから、まぶしくない倍率はシーイングの影響をもろに受ける倍率になってしまう。眼視でのベストは30cmくらいだと思う。たぶん。20cmでは見やすいけどまぶしさが足りない。まあ今はどれで見ても模様はほとんど見えないけどね。極冠は大丈夫だと思う。

今回はうちから20cmと30cmが出動する。25cmシュミカセはどうしようかな。車に入れっぱなしだと熱で一晩中使い物にならないし。外で使うには管理が難しい鏡筒だ。その点ニュートン反射は冷めやすいのがいい。


by anettait | 2018-07-31 00:30 | 観望会 | Comments(0)  

<< 火星大接近観望会は大盛況 火星でLRGB合成の練習 20... >>