人気ブログランキング |

オーストラリアのネット環境について(旅行者目線で)

昨日帰ってきた。沖縄がめちゃくちゃ暑いのでぐったりしている。

いつものことではあるが、この時期のシドニー近郊では昼間は20度を超えるが、深夜には車のフロントガラスに霜というか氷が張っているくらい寒いので、落差が激しい。
a0095470_01243771.jpg
それはいいとして今回も困ったのがネット環境。日本ではホテルでwifiを準備してないところは少数派だろう。最低限LANケーブル接続はあると思う。
ところがオーストラリアで私が泊まるような高くないモーテルは、wifiは有料なところが多く、無料だが回線がとても遅かったり、ネット接続不可という宿もよくある。高いホテルはたぶん充実していると思うが確認してない。困るのは有料だけど非常に遅い場合もある。

私の場合、ネットが使えないと次に泊まる宿の予約ができなくて非常に困るので、前回は成田でレンタルwifiを、今回はシドニー空港で現地のプリペイドsimカードを購入して対応した。
ところがこのsimカード、国内シェア2位の通信会社らしいが、町を離れたらとたんにつながらなくなる。
前半に泊まった宿ではまったく無理で、まさに陸の孤島状態。後半の宿では繋がったものの町から7,8キロ離れた観測場所ではまったく無理。去年のレンタルwifiも似たような感じだった。

しかし前半の宿の夫婦は普通にスマホをいじっていたので、もしかしたら通信の仕様や通信会社の違いがあるのかもしれない。20年くらい前は沖縄でもドコモしか使えない島とか、普通にあったので。

空港など公共の場にはwifiが普通にあるが、メールアドレスを登録しないといけなかったり登録画面が英語なので(あたりまえか)最初の設定ができなかったりで、私には使えなかった。

おまけにせっかく買ったsimカードを入れたタブレットではメールがいきなり使えなくなり、ショップの女の子にどうにかしてくれと言ったら私はちゃんとやった、日本語のものはわからないと返された。客はスマホばかりでタブレットを持ってくるのは珍しいみたいだ。

私はガラゲーなので海外ではどうやっても通じない。というわけで誰からも電話がこないしメールも来ない(送れない)のは気楽だった。自分が緊急事態の場合に誰にも連絡できないというリスクはあるが、そこは自己責任で。

今回購入したプリペイドsimカードは7日間で3ギガというものだったが、前半に使えなかったせいもあり、半分は使えずに残ってしまった。残量を知るアプリもあって便利だが、何かもったいない。期限が来たらデータ量が残っていても使えなくなるようだ。


by anettait | 2017-05-07 01:34 | オーストラリア星旅 | Comments(0)  

<< 荷物の重量制限について(JAL... 飛行機から南十字を撮る >>