人気ブログランキング |

GINJI-200FNもどきで月を撮る

梅雨で天気も悪いので、少し前の話だがGINJI-FN200もどきについて。
a0095470_23560121.jpg
GINJI-200FNは笠井トレーディングから出ている天体写真専用のニュートン鏡筒だ。主鏡が20cmでF4だから焦点距離は800mm。撮影時の周辺減光対策のため斜鏡も大きく、完全に星雲写真用。月惑星観測には向かないが土星はけっこうシャープに見えた。

私はこの鏡筒を中古で入手した。ただし主鏡は付いてなかった。で、主鏡は別ルートで中古で入手。だからGINJIもどき。

主鏡は旅ドブにも使っている。組み合わせたらオリジナルと同じスペックになるが、主鏡の素性がわからないので、性能がオリジナルと同じかは不明だ。

せっかくなので月を撮影してみた。この鏡筒が短い割にやたらと重い。短いから持ちにくいというのもあるだろうが、ケンコーの20cmF5鏡筒の方が軽い気がする。ただし同時に持って比べたことはない。私の印象だ。それにケンコーの方は重量がホームページになかったので実際のところは不明。GINJIは7キロ。
重いだけにかなり丈夫そうだ。いや丈夫にしたから重いのか?

焦点距離が800mmしかないので、直焦点では月が小さい。ビクセンの2倍バーローを使ったらちょうどいい大きさになった。
a0095470_23560647.jpg
上の画像はリサイズとトリミング以外画像をいじってないが、なかなかシャープ。だがまだ星雲をちゃんと撮影したことがない。
理由は、主鏡は旅ドブで使用中なのと、鏡筒が重いのでそれなりの赤道儀が必要になってくるが重い赤道儀を出すのが面倒だからだ。撮影にはコマコレクターも必要かもしれない。惑星シーズンが終わったら使うかも。



by anettait | 2018-05-29 00:07 | 天体望遠鏡 | Comments(0)  

<< キヤノン、フィルムカメラの販売を終了 第25周期の黒点が現れた(国立... >>