人気ブログランキング |

2016ペルセウス座流星群はそこそこ見えた

昨日はペルセウス座流星群の極大日だった。公民館の観望会の手伝いやいろいろ疲れてしまって、しかも月が沈んでから出ようとゆっくりしていたら、出遅れた。

撮影場所に到着したのが深夜2時。雲も多くて眠いし、最初からそこそこで引き上げるつもりだった。だから固定撮影と動画撮影だけで、つまり最初に三脚にカメラをセットしたらあとはなんとなく夜空を見ていた。
a0095470_18073682.jpg
最近ペルセ群はぱっとしないので、あまり期待してなかったがそこそこ流れた。
しかし流れるのと写真に写るのは別で、固定撮影に写ったのはたった1個だけ。

しかも超広角サムヤン14mmを使ったので、流星が小さい。下は拡大したもの。
a0095470_18080762.jpg

眼視ではけっこう大きく見えたのだが、超広角では小さい。
流星撮影はレンズをどう使うかで悩む。超広角で広い範囲を捉え、とにかく写すことを優先するか、普通の広角で運にまかせるか。

動画はα7sを使ったので、しょぼいけど何個か写っていた。
撮影開始からちょうど1時間ほどたった頃、完全に曇って雨が降りそうだったので撤収した。車を出したら降ってきたのでセーフ。



by anettait | 2016-08-13 18:15 | 流星群 | Comments(0)  

<< 夏休み自治会観望会 夏休み星空観望会中止のお知らせ >>