人気ブログランキング |

60cmドブソニアン自作記(177)とんでもないことが発覚

実に3か月ぶりの60cm自作記。この間、本当に何も進んでいなかった。天気も悪かったし、先月はトラベルドブを作ってオーストラリアに行ったりして忙しかったし。

さて、タイトルのとんでもないこととは、光軸のズレだ。自作の鏡筒では時々あることだが、私はあまり気にしていなかった。まさか火星と木星でこんなに光軸がズレるなんて。これじゃちゃんと見えるわけがない。
a0095470_22474664.jpg

さていつものように月と木星を見ようと60cmドブを部屋から出して、レーザーコリメータで光軸を合わせてみた。そこでふと「低空と天頂で光軸がズレるのでは」と思った。

前にアルミ角パイプのトラス棒を使っていた時はそれほどズレることはなかった気がするが、今の丸パイプを使うようになってから確認した記憶がない。さっそくやってみた。
a0095470_22482724.jpg

木星の高度で光軸を合わせたら、こんな感じ。横に出ている赤い線は気のせいだ。いや斜鏡面の汚れが光っているだけだ。2本のレーザーは斜鏡の上でほぼ1点にある。
a0095470_22484483.jpg

ついでに月を撮ってみた。うす雲で白っぽいが、比較的まともな像。
a0095470_22491481.jpg

さて火星に向けてみた。すると驚きの結果に。びっくりするほどずれている。
a0095470_22494494.jpg

そんなわけで、根本的な対処はそのうちやるとして、この日は高度を変えるたびに光軸修整をした。おかげで300倍ちょっとでそこそこ見えた。口径を45cmに絞ったら、割と見えた。
a0095470_22561143.jpg

ついでに30cmに絞ったら火星の輪郭はすっきりしたが、表面模様はいまいち。斜鏡の中央遮蔽がとんでもないことになっているので仕方ないか。直径比40パーセント越えだ。
a0095470_22504384.jpg

原因はいろいろ考えられるが、とりあえずトラス棒の取り付けか主鏡セルの作りが問題かな。梅雨の間にどこから直そうか。

by anettait | 2016-05-17 22:56 | 超大口径ドブソニアン | Comments(0)  

<< 昨日は火星の衝だった 3週間ぶりの太陽 >>