人気ブログランキング |

60cmドブソニアン自作記(172) 2015年まとめ

60cmドブソニアンの主鏡がイギリスから届いたのが6年前の年末。ということで今年のまとめ。
a0095470_1546348.jpg

画像は月明かりによるドブソニアンの影。

今年になり、やっと外に持ち出せるレベルになったのは、ひとつの山を越えた感じがした。
たしか3回くらい持ち出したが、同時に体力の限界も見えた。5年前の体力なら出来ても、現在はもう無理と思うこともある。それがドブソニアンの使い方を考え直すきっかけになるかもしれない。あるいは超軽量化に舵を切るか。

もうひとつ、月ならまともに撮影できるまで像を追い込むことができた。すごい画像を撮ろうと思ったらまだ無理だが、並程度なら何とかなりそう。
星も点像に近いので、明るい星雲のお手軽撮影なら前回よりましになっているはず。

架台も今年の手直しで、上下水平ともスムーズすぎるくらいよく動くようになった。水平はブレーキを付けないといけないかもしれないが。

逆にほとんど手を付けてないのが遮光関係。ドブソニアン自体が風に弱いこともあり、全体を覆う遮光布は作ってないし、主鏡周辺もむき出しだ。コントラストへの悪影響は大きいと思う。

そんな感じで、ドブソニアンは200倍程度なら、ほぼ使えるまでになってきた。

構造関係はだいたいできたことにして、来年からは遮光関係に手を付けようと思う。いや、すぐに構造部分の手直しをするのはわかっているのだが。

主鏡到着から6年、やっとゴールが見えてきた気がした。気のせいでないといいが。

by anettait | 2015-12-29 16:02 | 超大口径ドブソニアン | Comments(0)  

<< 2015年最後(たぶん)の太陽撮影 60cmドブソニアン自作記(1... >>