2015年のふたご座流星群はよく流れる(極大前日の感想)

最近のマスコミは、ほとんど期待できない小流星群でも話題にしてしまい、流星があまり見えずにがっかりする人々を生み出してしまうのは残念だ。しかしペルセウス座流星群とふたご座流星群だけは、ちゃんと流れてくれるからそこそこ期待できる。

今夜から続く15日午前3時が極大なのだが、先週の時点で天気予報が悪かったので、休みを取って昨日見に行った。そしたらよく流れていた。
a0095470_17421997.jpg

雲は多かったが国頭村森林公園という場所が良かったのか、5時間いて40~50個は見えた。
流星の数は、途中で数えるのをやめたので推定である。

カメラや望遠鏡で遊びながら、雲の間から見てこの数なので、晴天でまじめに数えていたら、もっとすごいはずだ。午前3時で完全に曇ってしまい、撤収直前に雨が降ってきたが今回はセーフだった。

上の画像にある火球は、望遠鏡で遊んでいたため見てない。ちょっともったいない。
動画も撮影したが、セッティングが変だったのか、あまり写ってないみたいだ。

今日は雨なので、昨日でいくらかでも撮影できたのは良かった。

追記
撮影動画をチェックしていたら、12分の動画(α7s+EF24mmF1.4で撮影)に流星が12個写っていた。平均1分に1個だ。大部分は暗い流星だけど、空の暗い場所ならかなりいけるかもしれない。ここは天気悪いので今夜はダメそうだけど。
[PR]

by anettait | 2015-12-14 17:52 | 流星群 | Comments(0)  

<< TOKINA AT-X107D... 12月13日の木星 >>