はやぶさ2地球スイングバイ観測をしてみる気になった

12月3日の夕方、はやぶさ2が地球スイングバイをおこなう。日本からも観測可能らしい。

しかし詳細を調べてみると、本当に見えるのか、というほど困難が多い。理由は以下のとおり。

1.とにかく暗い・・・11等級台。肉眼どころか双眼鏡でも無理。移動体なので望遠鏡も厳しい。
2.高度が低い・・・沖縄(北緯26度)では北極星よりも低いところに見える。北海道(北緯45度)は北極星の上を通過なので天頂に近い。
3.薄明が終わっていない・・・日没後1時間以内。西にある沖縄は不利だ。
4.他の人工衛星もいるみたい・・・未確認情報だが。

とにかく沖縄に不利な条件が多すぎる。北海道なら高度もあってすっかり夜になって余裕でも、沖縄では高度は低いし暗くなりきってないし。そもそも11等級の探査機が写るのか?

しかしいつだったかNinja320で静止衛星を撮影したことを思い出した。撮影だけならいけるかも。
ただし望遠鏡では写野が狭いので、だいたいの位置を望遠レンズと動画で撮る方が確率高そう。
動画ならノイズや恒星と判別しやすいし、雲の通過にも強い。

というわけで、Nikkor200mmF2という往年のハイスピードレンズを久しぶりに出動させる。
カメラはつい最近新型が出たが実力は新型とほぼ同等(4Kさえあきらめれば)のSONYα7sだ。
せっかくなので試写してみた。
a0095470_22131964.jpg

北極星周辺を撮りに行くにはかなり北上しなくてはならないので南にあるアケルナルで代用。高度ははやぶさ2が通過するのとほぼ同じなので大丈夫。

動画で使える最長シャッタースピードの4分の1秒、絞りF2開放、ISO64000で撮影。
9.5等星は確認できたが、なぜかステラナビゲータでもっと暗い星が出てなくてこれ以上確認ができない。
実際に撮影した動画には9.5等級よりも暗い星が写っているので、大丈夫な気がする。雲がなければ。

さて、問題は天気と薄明だ。18時30分にどこまで暗くなっているか、今日の天気予報では曇りだったが、はたして回復するのか。そして、撮影地はどこにするのか。

薄明を考えると感度をやたらと上げられないし、曇りやすい撮影地は避けるべきだし、そもそも18時30分に間に合わさなくてはならないし。沖縄だと撮影可能なのは10分くらいしかないみたいだ。

次回に続く、のか?
[PR]

by anettait | 2015-12-01 22:22 | 宇宙開発など | Comments(0)  

<< ニッコール200mmF2の実力 月の出かと思ったら金星だった >>