60cmドブソニアン自作記(169) ポンセットマウントのメリットとデメリット

ポンセットマウントは完全手動のドブソニアンに追尾の能力を与える、ある意味魔法のような道具だ。
大口径ドブソニアンと組み合わせることで、移動できる大口径反射赤道儀が出来上がる。そのメリットはとても大きい。しかしデメリットもある。下の画像の、望遠鏡の下に置いてある白い板がポンセットマウントだ。
a0095470_2433343.jpg

いちばん大きなデメリットは、画像を見ればわかるとおもうが全体の背が高くなって不安定になること。
機材にもよるが、うちのは脚立のいちばん上に立たなくては天頂が見られない。ちょっと危険だ。
また、風にも弱くなる。ポンセットマウントの構造により程度の差はあるがうちのはぶれぶれ。
突風が吹いて倒れたら危険だ。

今回使っていて、端までいったら戻さなくてはならないのをほっておいたら、天板が片方外れて、元に戻せなくなってしまった。こうなるとドブソニアンを下ろして設置し直しになるが、ドブソニアン本体が巨大なのでかなり厳しい。薄明も近かったので、今回は結局そこで観望終了になってしまった。次回から気を付けなくては。

しかし望遠鏡が星を追ってくれることは非常に楽だ。風でゆらゆらするのが気になるが、これをがっしり作ろうとすると、きっと重量もかなり増えるので、なかなか難しい。どこで妥協するか、というところだな。
[PR]

by anettait | 2015-10-17 02:50 | 超大口径ドブソニアン | Comments(0)  

<< ダブルスタックに手を出してしま... 60cmドブソニアン自作記(1... >>