人気ブログランキング |

PowerShot S120 で秋の星座を撮る

季節の星座写真を撮っていると、秋の星座の写りの悪さには非常に困ってしまう。
暗い星ばかりなので、撮影しても星座がわからない。それどころか、ちょっと離れて見ると、星が写っているのかさえわからないくらいだ。

この解決策として、ソフト系フィルターの活用と、撮影後の画像処理ソフトの活用がある。
つまり撮影時に星を大きく(にじませて)写すか、撮影後に星を目立たせるかだ。
両方を併用するのもありかもしれない。

さて今回のテーマはパワーショットS120で秋の星座がどこまで写るかを試してみた。
もちろん星空モードを使う。というより、露出も星空モードにお任せだ。
a0095470_2145447.jpg

この画像には上から「ペガスス座」「アンドロメダ座」「カシオペヤ座」などが写っている。

何コマか撮ってみたが、だいたい同じ感じの画像ができた。秋の星座を目立たせるには、ノーマルの星空モードではちょっと力不足なようだ。しかし撮影地が光害たっぷりの自宅であることをを考慮すると、S120はかなり健闘しているかもしれない。他のコンパクトデジカメだと、もっと真っ白な画像になる。

by anettait | 2015-09-13 21:55 | カメラ関係 | Comments(0)  

<< 60cmドブソニアン自作記(1... 9月13日の太陽面 >>