人気ブログランキング |

ダブル流星群、去年も今年も来年も

今夜はダブル流星群らしい。おうし座流星群としし座流星群。天気予報などで話題にしていて、yahoo検索で「ダブル」と入れると5番目の候補になるほどだ。

しかし知っている人は知っていると思うが、おうし座流星群としし座流星群の活動時期が重なるのは毎年のことだ。今年に限った事でもないし、流星雨が降るというわけでもない。去年も来年も5年後も今の時期はダブル流星群だ。しかも流星数は多くない。

解説しよう。おうし座流星群は流星数は少なめ、しかもピークは先週のはじめ頃。遅い流星が特徴だが、ピークの頃でもなかなか見ることができない。流星が遅いので願い事をするには最適なのだが。

しし座流星群はすごい時はすごいが、出ない時はピークの日でも1時間に数個以下。2000年ヨーロッパ、2001年の日本に流星雨を降らせたが、今年は望み薄らしい。元々33年に1回流星雨が来るが、それ以外はスカという経験則があり、ダストトレイル理論で出現が予想できるようになってからは、しし座流星群に限ってはほぼ予想どおりと考えていい。こちらの流星はけっこう早い。

流星数が少ない流星群がふたつ重なっても、見える流星数はたかが知れている。7月後半~8月前半の方が、よっぽど流星数は多いと思う。

というわけで、ダブルだから流星がびゅんびゅん飛ぶわけではない。1時間あたり数個の流星群がダブルで来ても、やはり1時間に10個以下、たぶん4,5個だと思う。

天文現象の報道が増えるのはうれしいが、無理して夜中まで見たのに流星見えなかった、という結果にならぬよう、正確な情報を集めて、期待しすぎないで見るのがいい。しし座流星群は明け方が見ごろだ。

私も予報の確認のため流星群を見たいのだが、こちらは本物の雨が降っているという、良くあるオチだ。

by anettait | 2014-11-17 20:40 | 流星群 | Comments(0)  

<< 地球照 今朝の太陽面 >>