人気ブログランキング |

10月8日皆既月食 沖縄・那覇での見え方(3) 迫力ある写真を撮るには

気が付けば月食が明日に迫っている。準備をせねば。

今回の月食は高度が低いので、地上風景を入れた写真を撮りやすい。
たとえば首里城と皆既中の月、というめったにない写真が撮れるかもしれない。
ただし首里城は夜は閉まっているので、実際は外の門と撮ることにあるかもしれない。

風景を入れた撮影は、夜景を撮る要領でいいと思う。夜景モードがあればそれを使ってみるのも手だ。

しかしスマホなどは基本的に広角レンズなので、そのまま撮ると月は小さく写る。
a0095470_2145663.jpg

月を大きく撮るには望遠レンズが必要だ。
a0095470_21452830.jpg

建物は近づけば大きく写り、離れれば小さく写る。
a0095470_21455552.jpg

a0095470_2146356.jpg

以上のことから、月と建物の大きさを調節するには、望遠ズームレンズで月の大きさを、建物までの距離で建物の大きさを調節できる。

だから適当な距離で適当な望遠レンズを使えば、下のような大迫力の画像(これは創作だけど)が撮れるかもしれない。月をこの大きさに撮るには超望遠レンズが必要なので急には難しいが。
a0095470_21594274.jpg

問題は狭くて建物だらけの島の中で、いい構図になる場所を探せるかだ。

私はこの日は新都心公園で観望会をやっているので、風景とからめた画像は無理だろう。

そういえば月食をバックに記念撮影というのもありか。今回は皆既状態が1時間もあるし高度は低いので、記念撮影にはもってこいだ。
デジタルなので出来上がりを確認して何回も取り直せば、そのうちいいのが撮れるだろう。
ただしフラッシュ撮影はまわりの迷惑にならないよう、十分配慮しよう。

by anettait | 2014-10-07 22:08 | 皆既月食 | Comments(0)  

<< 10月8日皆既月食(4) 月食... 10月8日皆既月食 沖縄・那覇... >>