人気ブログランキング |

10月8日皆既月食 沖縄・那覇での見え方(2) 観察場所の探し方

今回の皆既月食は東に低いので、観察場所選びが重要だ。ここでは「とりあえず皆既月食を見てみたい」という人のために、「とりあえず見える場所」の探し方について述べる。

月食の最初から見たい人は、日の出が見える場所を探さなくてはならないので、ここでは省略。

a0095470_22583226.jpg

上の画像は皆既直後の月の位置を示したもの。高度は約20度。これを10月初旬の朝日に置き換えてみる。
a0095470_22585712.jpg

上は10月4日午前7時50分の東の空。太陽の高度は皆既直後の月とほぼ同じで方位は10度ほど南寄り。
つまり午前7時50分頃の太陽が見える場所なら、皆既状態が最初から見えることになる。
a0095470_22591540.jpg

では皆既終了時はどうだろう。上の図は皆既終了直前、午後8時20分の月の位置。高度約30度。
a0095470_22593672.jpg

太陽だと午前8時40分頃の高度になる。ただし方位は南に10度以上ずれているので、その分の余裕を見ておこう。
以上のことから、午前8時40分の太陽が見える場所なら、ぎりぎり皆既中の月が見えることになる。

朝も夜も、この時間帯は通勤途中だという人もいるかもしれない。車を路肩に止めて見るのは渋滞の元になるだけではなく、事故を誘発する可能性もあるのでやめておこう。せめてスーパーの駐車場、いやこれも迷惑か。まだ数日あるので、どこか探してみてはどうだろう。

ところで太陽の位置を確認するために太陽を凝視するのは目にダメージを受けるのでやめよう。顔に直射日光が当たれば、そこでは太陽が見えているわけだし。

次回は撮影について書いてみようと思う。スマホでの撮影方法がいいのかもしれないが、私自身スマホを使ったこともないので、それはたぶん無理。

by anettait | 2014-10-02 23:08 | 皆既月食 | Comments(0)  

<< 10月8日皆既月食 沖縄・那覇... 10月8日皆既月食 沖縄・那覇... >>