人気ブログランキング |

SONY Eマウント16mmF2.8用ULTRA WIDE CONVERTER X0.75

最近SONYのNEXー5Rをよく持ち歩く。撮像素子がAPS-Cで大きい割にシステム全体が小型軽量というのが気に入っている。マイクロフォーサーズでもいいのだが、全周魚眼レンズがないため、上級機を買えずにいる。

NEXの弱点は交換レンズの種類が少ないことだ。マウントアダプターで天体写真はある程度カバーできるが、それだとオートフォーカスが使えないので、それなりに不便だ。

特に超広角レンズは純正は高いし、所有しているレンズでマウントアダプター経由で使えるものは絞りが使えないものだけ。それでは風景を撮るにも不便だ。

そこで16mmF2.8に付ける純正のウルトラワイドコンバーターを使ってみることにした。値段は1万円程度だったような気がする。超広角レンズを新たに買うのよりはずっと安い。
a0095470_1114946.jpg

何だか16mmレンズと大きさは変わらない。セットするとそれなりに大きくなる。
a0095470_1121546.jpg

月を画面に入れたらゴーストが出た。
a0095470_1141046.jpg

画角を比較するために16mmのみ(コンバーターなし)でも撮影。
a0095470_1143698.jpg

ワイドコンバータはそれなりにワイドにはなるが、強い光源は画面に入れないようにしたい。

星像の比較はまた今度。台風が去って天気が回復してからになるが、この画像でも周辺部で星が三角になるのが見える。天体撮影には向かないような予感が・・・。

by anettait | 2013-10-26 01:19 | カメラ関係 | Comments(0)  

<< 2013/10/26 太陽に大... 「遅い!」 ちゃぶ台をひっくり... >>