人気ブログランキング |

E-PM1による天の川

先週末、公民館に講師を頼まれて玉城青少年の家で星を見せた。とてもいい天気で、天の川もよく見えた。

午後10時過ぎには片付けも終わり、帰路についた。しかし新月前の週末の晴天で帰るわけがない。
久しぶりにグスクロード公園で撮影してみた。

カメラは今や天体撮影以外では出さないEOS5D-MkⅢと、スナップ用のE-PM1。ペルセウス座流星群の極大も近いことだし、流星が写ることを期待して撮影した。

軽く2時間は撮影していたが、撮影終了後、5D-MkⅢに付けたレンズが夜露で真っ白になっているのを発見、ショックを受けた。写野に2、3個流星が入ったはずだが、案の定1個も写っていなかった。

というわけで今回はE-PM1の画像を載せる。露出は60秒で、今回初めて実戦投入のナノトラッカーに載せて撮影した。カメラが軽いので、何の問題もなく撮影できた。
a0095470_052560.jpg

RAWで撮影してステライメージ6でダーク減算等の画像処理をしたが、色がおとなしすぎる。
これでも色は強調しているのだが、Hαは写りにくいようでM8が赤くないし、星雲部分があまり写っていない。
ダーク減算していない元画像は赤いノイズだらけだし、星野撮影には向かないようだ。

レンズを明るいのに替えれば多少は良くなるかもしれないが、そのためだけにレンズを買う気にはなれない。

しばらく行かない間に、グスクロード公園周辺も光害が増えたような気がする。帰る途中に電照菊栽培の灯りが点いた畑があったので、これから冬にかけてはもっと明るくなるに違いない。

by anettait | 2013-08-09 00:10 | カメラ関係 | Comments(0)  

<< スピカ食だったわけだが・・・ 今日の夕焼け >>