人気ブログランキング |

低価格デジカメテスト(5) まとめ

低価格デジカメとはいえ1万円近くする。資金も尽きてきたし星が写りそうな機種ももうないので、まとめに入る。
a0095470_1631941.jpg

テスト結果を表にしてみた。詳細はそれぞれのテストページを見てほしい。高級コンパクトのS95は表には入れてない。クラスが違うからだ。
a0095470_1634188.jpg

キャノンのCCD機は星が写るがCMOS機は写らないし、星を撮影するには設定が面倒。
パナソニックの星空モードは設定は簡単だが、ちゃんと写るのは二等星くらいまで。
フジフィルムはデジ一眼など上級機は天体撮影向きだが、コンパクトは意外なほど天体撮影に向かない。

最初に述べたとおり、この表に載っていないニコン、オリンパス、リコー等の低価格コンパクトは書類審査で落ちた。天体撮影に向かないことがカタログから読めたためである。

今回は新品で1万円以下で買えるという限定付きだった。3万円くらいのコンパクトデジカメはもっとよく写る。
しかし3万円以上カメラに出せるなら、一眼デジカメを買った方がいい。写りがコンパクトデジカメとは大きく違う。

デジカメの場合新型が出ると、これまでの機種の値段が大幅に下がるので、それを買うとお得だ。その場合、どの機種が天文向きか事前に調べておくことが大切だ。

今回の自腹企画はこれで終了する。今回買ったカメラは、そのうち一眼デジカメの下取りに出すことになるような気がする。まだその資金はないけど。

by anettait | 2013-07-20 16:16 | 天体撮影用コンパクトデジカメ | Comments(2)  

Commented by ほうき星 at 2013-07-21 18:29 x
昨年買ったS95は家内と娘が手放さないので、先日弐號機を買いました。マップカメラで¥17k也。だいぶこなれてきたように感じられます。
Commented by anettait at 2013-07-23 01:09
私もスペアが欲しいので、フジヤカメラなどを見てますが、なかなか踏ん切りがつかず、迷っているうちに売れてしまいます。ウェブサイトを見る限り、マップカメラの方が在庫が豊富みたいですね。

某オークションでも中古カメラ店と同レベルの金額で落札されているようで、人気商品なのは使っていてよくわかります。程度が良いものが多いうちに入手するべきでしょうね。

<< 太陽の東側で大きなプロミネンスが! 低価格デジカメテスト(4) F... >>