人気ブログランキング |

肉眼黒点を撮影:OlympusE-620・デジカメ対決「太陽Hα編」

肉眼黒点が出現しているらしい。まだ肉眼(太陽メガネ)では見てないが、太陽望遠鏡で見てみた。

Hαの波長で見てみると、黒点の周囲が大変なことになっているのがわかる。
とりあえず拡大撮影の楽なE-620で撮影。バリアングル液晶は撮影がとても楽。ライブビューの拡大率も7倍と10倍で使いやすい。
a0095470_0284664.jpg

この画像には眼視での複雑さは出てない。太陽面の撮影は、なかなか奥が深い。多少練習したくらいでは思ったようには撮れない。今回は薄雲もあったので、なおさら写りはパッとしない。

この機種は太陽(Hα)がわりとよく写る方だと思う。ただし太陽周辺部の赤が潰れるような気がする。太陽周辺部は中心部に比べて暗いので、どのデジカメでも周辺部は暗くなる。そこは撮影の腕と画像処理できれいな画像にするのだが、この機種の適正露出と適切な画像処理をまだ見つけていない。

by anettait | 2012-07-13 00:37 | カメラ関係 | Comments(0)  

<< 肉眼黒点その2:Powersh... 沖縄版星座早見が売っていた。 >>