人気ブログランキング |

ケンコーSE120の個体差

ちょっと前にケンコーSEー120を買った。しかも2本。1本は新品特価品(Aと呼ぶ)、もう1本は中古品(B)。中古の方は持ち運び用のハンドルも付いてお買い得だった。

しかし使っているうちに、個体差があることに気がついた。Aの方は高倍率でも惑星がよく見えるが、Bは高倍率にした時、やや光軸のずれがある。5mm以上のアイピースを使わないと気が付かないレベルだが。

今回初めて同時にチェックしてみたら、やはりBは少しだけ光軸がずれている。しかしSEー120のセルには光軸調整ネジなどついていない。低倍率では気にならないので、今回はそのままにする。

とりあえずポルタに載せて木星を撮影してみた。鏡筒はBの方。画像処理したら、けっこう模様が出た。12cmだからこれで十分かも。Aの方まで撮影する気力はなかった。
a0095470_1362445.jpg

撮影風景はこのとおり。晴れているが雲が多く、この撮影の時だけすっきり晴れた。
a0095470_1364557.jpg

今回は中古品なので、光軸がずれていても文句が言えない。初心者なら気がつかないレベルだし、惑星をたまに見る程度ならこれで十分だろう。でも新品からこうだったのか、前のオーナーに原因があるのか、わからないが気になる。

by anettait | 2010-10-03 01:42 | 屈折望遠鏡 | Comments(0)  

<< 老人ホームの夏祭り観望会 衝直後の木星 >>