人気ブログランキング |

60cmドブソニアン自作記(39) 師匠登場!

あまりに光軸が合わないので、たまたまやってきた望遠鏡の師匠に60cmドブソニアンを見てもらった。この日は月が200倍まではよく見えた。

師匠によると、「星が三方向に散っている。月も240倍(10mmアイピース)が限度。月だけ見せれば、迫力があっていいんじゃないか。」とのこと。

つまりスケアリング、センタリングが狂っているので星が散っている。ところが動くところが多すぎて、基準となる位置が決められない。だから調整のしようがない。結論は「作り直した方が早いんじゃないか」とのこと。

自分でも原因についてそう思っていたし、作り直しについても迷っていたところなので、結論を出してもらったところで正直安心した。原因についての自分の考え方が間違ってなかったという意味で。

その後、最低限の作り直しや大幅な作り直し等、打開策について話し合い、アドバイスをもらった。
a0095470_162363.jpg

師匠が帰ってほっと一息ついて、コーヒーを飲んでいたら突然雨が降ってきた。しかも土砂降り。電話で助手1号に救援を求めつつ片づけたが、1号が来る頃にはドブソニアンは雨に濡れてしまっていた。

こういう緊急時に備えて、ドブソニアンにもタイヤを付けなくてはならないかも。緊急時の腰痛から解放されるためには、どうしても必要だ。作り直しはそこからか。

by anettait | 2010-08-19 01:11 | 超大口径ドブソニアン | Comments(0)  

<< 今週の一枚「夏の星空全景」 旧暦七夕観望会報告 >>