人気ブログランキング |

60cmドブソニアン自作記(36) 脚立を買った

先日、やっと脚立を買った。これまでは洗車台を使っていたので、中途半端な高さだと膝を曲げた姿勢で観望しなければならず、とてもきつかった。脚立は段を上がるか降りるかでいいので、とても楽。

今回は値段は高かったけど、片側だけに段があるものにした。理由はふたつ。まず、上の方まで手すりがついていること。最上段に上がっても安定して見られる。そして軽い。これは楽。どちらも接眼部が高いドブソニアンを移動して使う場合には重要な要素だ。
a0095470_23133552.jpg

天気のいい日に観望してみたら、この日は光軸もそこそこ合って、そこそこ気持ちがいい星空が見られた。

ただし焦点距離が長いので、見る星を変えた場合の筒先の移動距離も長い。すぐ近くの星を見るためにも、何度も脚立を移動しなければならないのは面倒だった。

ここ数日、主鏡セルの手直し(主鏡支持ポイントの見直し、ベルトの長さ調整)をしたので、光軸にその成果が出たようだ。とはいうものの、実は別の要因かもしれないし。

今回の光軸は200倍程度までなら、恒星ならがまんできる範囲だ。木星はまったくだめだけど。もう少しなんだが、そこがうまくいかない。

昨日から天気は悪くなったので、調整はまた次回。この調子でいけば、既製品の主鏡セルは買わずにがんばれるかもしれない。

by anettait | 2010-07-22 23:29 | 超大口径ドブソニアン | Comments(0)  

<< 明日、探査機はやぶさミニ講演会... 60cmドブソニアン自作記(3... >>