人気ブログランキング |

道端に望遠鏡が落ちていた。

道端にがらくたと一緒に天体望遠鏡が落ちていた。最初に見た時は確かにそう思ったのだが、よく見るとそこはリサイクル屋の店先だった。しかもちゃんと値段がついていた。2,800円。

望遠鏡の状態は良くない。まず古い。どう見ても30年以上前に流行った型だ。メーカーはミザール。中学生の頃、欲しいけど高くて買えなかった反射望遠鏡のメーカーで、三越で売っていたっけ。当時アマチュア向けの割といい望遠鏡を作っていた。これは入門用の安いやつだろう。
a0095470_0464765.jpg

軽くレンズの状態をチェックした。やや汚れている。ファインダーがついてない。店主に他に部品がないか聞いてみたが、ないようだ。だからこの値段だとのこと。しかしいきなり「処分品だから2,000円でいい。」と言うのですぐに買った。

帰ってからあれこれチェックをする。対物レンズは口径60mm、焦点距離は900mm。典型的な入門者向け屈折だ。レンズがノンコートなのは仕方がない。状態はそれなり。アイピースは汚れているし1個しかない。ファインダー欠品。調整ネジも1本折れている。

三脚の三角板も欠品。脚も細い。ドロチューブは抜き差し式。ラックピニオンではない。ピントは一応合う。架台はフリーストップ式で微動はない。前後のバランスが悪くて使いにくそう。ファインダーを付けたら少しはいいかも。

晴れたので月を見てみる。思ったより良く見える。けっこうシャープだ。さすが古き良き時代の日本製。ただし鏡筒が塩ビパイプで内側を黒塗りしてないので、コントラストはちょっと悪い。三脚も細いので風ですぐ揺れる。

K20mmで土星を見ると、わずか45倍だが環の存在がよくわかる。Or6mmの150倍でも像の崩れは少なく、土星がちゃんと見える。ただし鏡筒のバランスが悪く、架台が勝手に動くので高倍率では使いにくい。微動もないのでなおさら。現代のポルタとのセットの方が使いやすいが、それは仕方のないことだろう。
a0095470_0473289.jpg

とりあえず携帯電話のカメラで撮影してみた。月はよく写る。土星は無理。この年式とスペックと値段では十分すぎる性能だ。ちゃんとレストアして、小学校の観望会などで使おうかな。ファインダーも付けなくては。

by anettait | 2010-03-02 01:05 | 初心者用望遠鏡 | Comments(2)  

Commented by taira@81? at 2010-03-02 23:34 x
こんばんわ。結構きれいですね。
自分もデジカメ+コリメートで試してみたんですが、
ケラれたりしてうまく撮れないんですよ。
もっと修行が必要なようです・・・。
Commented by anettait at 2010-03-03 23:07
レンズの付いたカメラ(コンパクトデジカメや携帯電話カメラ)は、アイピースとレンズの距離でケラレ方が変わるので、最適な距離を見つけるのが大切。

また、レンズの小さいアイピース(短焦点のもの)はコンパクトデジカメではどうやってもケラレるので、アイピースの選定も大事だと思う。

<< そういえば震度5弱の地震があった。 The Dobsonian T... >>