今年の夏は透明度が良すぎる

今年の夏は空の透明度が良すぎる。8月半ばになっても空が青いのだ。
a0095470_22470035.jpg
空が青いのは当たり前だといわれそうだが、青すぎる。まるで梅雨明けの青空。
梅雨明け後はとても青い空なのは毎年のことだが、普通なら7月の2週目から空が白っぽくなってくる。青というより水色。ところが今年はまだ青い。

そういえば去年の夏も空が青かったが、あれは7月後半までの話。それに子年もとても暑かったが、今年は去年より暑いし、空の青いのも続いている。高気圧が南に偏っているせいか?

おかげで星は見やすいが、今年は体調がついていかない。暑い時に無理するとろくなことがない。まあ、ゆっくりだな。

画像は先月森林公園に行った時に撮影した夕焼け。この時も透明度は良かった。レンズはニッコール180mmF2.8ED、カメラはEOS5D3。かなり狭い範囲を撮影している。ステライメージ7で現像したら色が青っぽくなってしまったが、それがまたいい。


[PR]

by anettait | 2017-08-16 22:51 | 気象 | Comments(0)  

<< Windows10標準のフォト... 土星を久しぶりに撮影したら意外... >>